image

京都は庭園の宝庫。しかし、たくさんありすぎて、どこを優先的に見て回ればいいか迷う人も多いだろう。本連載では、京都のガーデンデザイナーであり、京都の庭園ツアーも主催する著者が、景観の素晴らしい庭園から、いるだけで心癒される穴場庭園まで、行って絶対損はない庭園を案内する。近場にあるオススメの立ち寄りスポットも併せてご紹介。


著者:烏賀陽 百合(ウガヤ ユリ)

imageガーデンデザイナー。庭、ベランダ、花壇のデザインやコンサルタント。ガーデニング教室の講師。京都の庭園ツアー
<プロフィール>
京都生まれ、京都育ち。同志社大学文学部日本文化史卒業。兵庫県立淡路景観園芸学校、園芸本課程卒業。カナダ・ナイアガラ園芸学校で園芸、デザインなど3年間勉強。ナイアガラ植物園の維持管理も行う。イギリス・キューガーデン付属のウェークハースト庭園にてインターンシップを経験。現在京都を拠点に庭のデザインやカウンセリング、マンションのベランダや小さな庭でもできるガーデニングを指導。気軽に植物を楽しめ、生活の中に取り込めるガーデニングを提案している。また東京、名古屋、京都、大阪などでガーデニング教室の講師を務める。現在、東京・南青山のカフェOVE、目白台運動公園、鎌倉のNaivy Yard、京都の町家ギャラリーniterashinkaなどで定期的に教室を行っている。UR都市機構の団地にて住民交流のためのガーデニング教室も開催。これまで24ヶ国を旅し、世界中の庭を見てまわる。庭にまつわるエピソードやその国の文化・歴史をブログ「庭園小噺」にて紹介(http://ugayagarden.blogspot.com/)。海外の人たちに京都の日本庭園を案内し、庭の歴史や見方、日本人の価値観などを紹介。また最近では「大人の遠足」というツアーを企画し、日本の人にもわかりやすく庭の魅力を紹介している。 


ウィンブルドンテニス初日に始まる作業

テニスの4大大会の1つ、イギリスのウィンブルドンが始まる6月になると毎年思い出すことがある。

2006年の夏、私はイギリスのウェークハーストプレース(Wakehurst Place)というガーデンでインターンをしていた。ここはキューガーデン付属の庭園で、田舎のキューと呼ばれている。ずっとイギリスの庭で働きたいと思っていた私にとって、毎日がまさに夢のようだった。

 

そこでは毎年6月のウィンブルドンテニスのオープン初日に、必ず始まる作業があった。それはパーテアガーデンのツゲの刈り込み。

 

パーテアガーデン(Parterre Garden) とは、日本語で「毛氈花壇(もうせんかだん)」と呼ばれるもので、よくヨーロッパのお城の庭で見られる、ツゲで刺繍のような模様を描いた花壇。ヴェルサイユ宮殿の庭などにある、幾何学模様の花壇のことだ。

見たことのある人にはわかってもらえると思うが、ツゲの刈り込み作業はなかなか難しい。角は綺麗に90度、平面はすべて真っ直ぐに刈らないといけない。少しでもデコボコができるとすぐ目立つ。その上機械のハサミで短時間で刈り込むと、熱が発生するため葉が茶色になってしまう。必ず手作業で、バカボンのパパが使っているようなハサミでチョキチョキと慎重かつ手早く刈らないといけない。実に地道でスキルを要する作業なのだ。

 

カナダの園芸学校でも毎年6月にこの作業があり、この刈り込み班にあたると、みんな「最悪だー!」と嘆いていた。同じ高さにするために糸を張って、その上の飛び出たところだけをチョキチョキと刈っていく。とにかくやたら手間がかかる。少しでも失敗して刈りすぎると凹凸ができ、そのヘコミの部分は1年間世間の目にさらされ、先生から罵られる……。

 

イギリスの面白いのは、その作業の開始がウィンブルドンテニスの始まりと同じ日であるところ。伝統あるテニスの大会が、庭の要である花壇の刈り込み作業を始める日の目安というのが、何事も伝統を重んじるイギリスらしい。

主任の人は「イギリスのガーデンはどこも同じだよ!ウィンブルドンテニスの日に刈り始めるとちょうどいいんだ!」と言っていたが、果たして本当だったのだろうか……。

 

ちなみにイギリスのウェークハーストプレースでは、私は信用を得られず、この大事な作業は一切やらせてもらえなかった。たくさんいるガーデナーの中でも、最もスキルのある者だけが任されていたのだ。日本人のインターン如きに任せるわけにはいかない!というところも、庭の維持管理に命をかけるイギリスらしいなぁーと感心したのだった。

 

シーボルトに救われた花

さて、この季節、ヨーロッパでは美しい夏の始まりだが、日本は梅雨真っ只中のうっとうしい時期。ただ、紫陽花の季節でもあり、華やかなその色あいが、私たちの目を楽しませてくれる。

私たちが目にする紫陽花は、実は西洋アジサイという種類で、海外から入ってきたもの。 しかも元々は日本原産のガクアジサイがヨーロッパで品種改良され、それが再び入ってきたというのをご存知だろうか?

そして、それを海外に持ち帰り紹介したのが、シーボルトであることも意外と知られていない。

 

シーボルトは江戸時代の日本に滞在したドイツ人医師であることは、みなさんご存知だろう。当時の日本は鎖国政策をとっており、オランダにしか門戸を開いてなかった。シーボルトはそのオランダから、長崎出島のオランダ商館付きの医師として来日した。しかし後に彼は、日本地図を海外に持ち出そうとしたとして(世に言う「シーボルト事件」)、国外追放になる。

シーボルトは日本に滞在してした折、日本の動植物を調べ、様々な植物を採集していた。彼はそれを元に、帰国してから「日本植物誌」という書物を刊行し、日本の植物をヨーロッパに紹介した。

「日本植物誌」の中には、ガクアジサイも載っている。これがきっかけでヨーロッパで紫陽花の品種改良が進み、その結果たくさんの品種が生まれて、西洋紫陽花は大人気となった。

そして、それが日本に逆輸入され、今や日本じゅう至る所で見られるようになった。シーボルトも、自分が持ち帰ったガクアジサイがこんな形で広まるとは思ってもみなかっただろう。

 

シーボルトがヨーロッパで紹介した紫陽花の中でも有名なのが、「七段花(しちだんか)」という種類。「日本植物誌」の中にはこの花の絵が残されている。

ただ、その後日本国内でこの花は発見されず、日本では絶滅した「幻の花」と呼ばれていた。

しかしシーボルトの時代から130年後の昭和34(1959)年、兵庫の六甲山で自生の七段花が発見される。幻の花はまだ残っていたのだ。

薄水色の可憐な七段花は、シーボルトの目を捉えただけあって凛として美しい。今では神戸市立森林植物園の中でたくさん咲いている姿が見られる。

シーボルトが紹介していなかったら、七段花は誰にも知られずにひっそりと絶滅していたかもしれない。まさに、日本の自然を愛した外国人によって救われた花なのだ。

 

紫陽花の穴場

京都で紫陽花が見られる場所としては、宇治の三室戸寺や藤森神社などが有名だが、私がいつも見に行くのは梅宮大社だ。

数と迫力では断然三室戸寺が一番。しかし、ここは混んでいるのと、構内アナウンスが煩わしいのとで、ちょっと気が引けてしまう。たとえば誰かがお弁当を広げようものなら、「お弁当を食べてはいけません」というアナウンスが何度も繰り返されるのだ。蓮の花も美しく、うっとりと極楽浄土の気分に浸りたいのだが、なかなかそうはさせてもらえない。

 

梅宮大社(うめのみやたいしゃ)は、松尾大社から東に15分ほど歩いた場所にひっそりとある小さな神社。京都の人にもほとんど知られていない。しかし由緒ある神社で、橘一族を氏神とし、酒造の神、子授けや安産の神として信仰されている。祈祷を受けた後に、夫婦で境内の「またげ石」をまたぐと子宝に恵まれると言われている。

あまり知られていないが、有料の神苑の奥には紫陽花園があり、珍しいヤマアジサイやカシワバアジサイがたくさん咲いている。ここでは色や形の可愛い紫陽花を見ることができる。

 

ここの庭の管理は完璧とは言い難い。しかし、静けさに満ちているので、ゆっくりと眺めることができる。紫陽花の色も深くて美しい。自然の山道を歩いているような気持ちになって、心がゆったりする。

 

ここの庭園には他にも色々な植物が植えられている。梅宮大社という名前にふさわしく、梅の木もたくさん植えられていて、初春の頃には梅のいい香りがする。春には桜、5月はカキツバタ、花菖蒲、霧島ツツジ、6月は紫陽花と、花がいつも咲いている。

 

ここに来たら、咲耶池(さくやいけ)の島にある茶席「池中亭(ちちゅうてい)」をぜひ見て欲しい。1851(嘉永4)年に建てられた茅葺屋根の茶室なのだが、その屋根がとても変わった形をしている。複雑な形に刈られていて、なんともユニークなのだ。「芦のまろ屋 (芦で葺いた小屋という意味)」とも言われ、平安時代にこの梅津の里に建てられた貴族の山荘の風景を伝えるという。平安時代の貴族はなかなか洒落たお屋敷に住んでいたようだ。

 

この神苑を、明治時代に美しい庭に仕上げたのが、初代「植音」の奥田音吉。植音は京都に素晴らしい庭をたくさん造っている。当時「東の植治・西の植音」と言われ、京都の造園師の双璧と称された(植治は小川治兵衛の屋号)。素晴らしい庭師によって造られた神苑は、今もその風格を見せている。

テレビ時代劇「鬼平犯科帳」の撮影にもよく使われたらしい。余談になるが、鬼平犯科帳はお江戸のお話ではあるが、京都の中でも特に江戸の風情が残っているような場所がよく登場した。私はいつも京都の風景を楽しみに見ていた。

観光地ではない、地元の人が行くところを静かに周ると、また違う京都の風景が浮かび上がってくる。これから蒸し暑くなる京都だが、そういうところにこそ、涼がひそんでいる。


オススメのお店:「カザレッチョ」

阪急嵐山線の松尾大社駅から徒歩3分。松尾大社のすぐ近くにあるイタリアンのお店。ここのランチが1680円で、前菜、スープ、パスタ、デザート、飲み物が付いてとってもお得。前菜も色々な種類が食べられる。パスタも美味しいし、種類も豊富なので必ず満足できる。ただランチが人気で混むので予約した方が良い。混雑時は料理が出てくるのに時間がかかるので、ゆっくりできるスケジュールで行くことがお勧め。

 

住所:京都市西京区松室追上ゲ町29-5
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:15)、17:30~22:00(L.O.21:15)
月曜定休
電話:075-381-5754


梅宮大社 (うめのみやたいしゃ)

橘諸兄の母、橘三千代が酒解神、酒解子神(大山祇、木花咲耶姫)を祭り、酒造安全と子孫繁栄を祈願した神社。檀林皇后(嵯峨天皇の后)が井手町から現在地に遷座。皇后は当社に祈願し初めて皇子をもうけたといい、以来子授けの神として信仰された。境内にまたげ石や産砂をうける風習がある。カキツバタの名所。5月3日の「神幸祭」は、朝は子どもみこし16基、午後は神社のみこしが氏子町を練りあるく。建立は750年頃(奈良時代)。

 

住所:京都市右京区梅津フケノ川町30
電話:075-861-2730
URL:http://www.ryosokuin.com

神苑料金:大人500円、小人250円
*20人以上団体割引/6歳以下無料/中学生以下大人同伴要/障害者本人半額(要手帳)
時間: 9:00~17:00(16:30受付終了)
駐車場有(無料)
交通アクセス
阪急電車嵐山線「松尾」下車、徒歩約15分
市バス「梅ノ宮神社前」下車、徒歩約3分

 

<< 両足院の半夏生と用と景