image

斎藤芳乃(さいとう よしの)プロフィール

マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、潜在意識にある不幸の根本的な原因を見抜き、現実を変化させる心の専門家として活躍中。東京・大阪・名古屋で開催される講座には、7000人以上の女性が参加。北海道や沖縄のみならず海外からも受講者が訪れる。また個人セッションの申し込みは、予約受付開始から5分で満席となる人気ぶりを博している。著書に『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』(SBクリエイティブ)、『運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた』(マガジンハウス)。著者公式ブログにて、クライアントの実際の体験談や、潜在意識の書き換え方を日々更新中。9月に新刊『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』(SBクリエイティブ)を上梓した。


これまで、マリアージュカウンセラーとして、たくさんの女性の恋愛や結婚の悩みを解決してきた斎藤芳乃さん。その斎藤さんが、このたび3冊目の著作『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』(SBクリエイティブ)を上梓した。斎藤さんに、この本の読みどころなどをお聞きした。

 

■男性は女性のどこにグッとくる?

――今度の本は、前2作(『運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた』『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』)に比べ、より具体的な内容になっていますね。

前の2作は、女性が男性とお付き合いするまでにどうすればいいか、という話が中心でしたが、今回は、男性とお付き合いするようになったけどうまくいかない、旦那さんとの仲がしっくりしない、といった、現在進行形で男性との関係に悩む、大人の女性に向けて書かせていただきました。

私のスクールに来られる女性は、お綺麗で仕事もバリバリこなす魅力的な方が多くいらっしゃいます。傍から見ると何の問題もなさそうなのですが、ちょっとしたことがきっかけで男性とうまく関われなくなってしまっていたりします。でも、どうすればいいか分からない。そんな悩みに対して、この本の中では、少し視点を変えるだけで男性からこんなに愛されるんですよ、という提案を多くさせていただいています。

 

――「視点を変える」とは具体的にどんなことでしょうか?

女性の多くが、男性と関わる時、女性ならではの視点――美人かどうか、スタイルがいいかどうか、ファッションセンスがいいかどうかetc.――で、自分や相手を“格付け”してしまいがちです。でも男性って、口では「女優の○○さんが好みのタイプ」「グラビアタレントの✕✕さんみたいなクビレがいい」などと言ったりしますけど、それが必ずしも本心というわけではないと思います。それよりも、女性らしさ、心遣い、そういったマインドの部分に重きを置いているんですね。そのことをしっかり女性に理解をしていただきたい。それが「視点を変える」の意味です。決して、ブランドものとかまつげの長さといったモテテクではないんですね。

 

■「母」「娘」「同志」の感性をバランスよくもつこと

――なるほど、いまのお話は男性の私(40代後半)にも、とても納得のいくものですね。

この本の中では、その「女性らしさ」を、「母」「娘」「同志」の3つの感性に分けています。

「母としての感性」とは、やさしく相手の存在や痛みを包み込み、尽くせる感性のこと。

「娘としての感性」とは、守ってあげたくなるような、娘的な魅力にあふれた繊細な在り方のこと。

「同志としての感性」とは、相手が弱っている時に支えられる強さを持つことであり、人間的に尊敬しあえる対等な在り方のこと。

この3つの感性を磨いて、バランスよく表現していけば、男性との関係が改善し、幸せに生きていくことにつながるんですね。

 

――たしかに、この3つが備わっている女性は、男性にとってある種の理想像ですね。

マリアージュスクールに来られる人の中には、「夫に依存するばかりで、全然母性を発揮してませんでした」という方や、逆に「彼と張り合ってばかりいて、可愛げのない女だったかもしれない」と反省される方がいらっしゃいます。「母」「娘」「同志」のどれか1つが突出してもうまくいかないんですね。それらがうまくバランスをとって初めて魅力的な女性になるのです。こういったことは学校では教えてくれませんね。

 

■自尊心がラブラブにつながる?

――3つの感性のバランスをとる上で、何かポイントのようなものはありますか?

それは、自分に接するように他人にも接することです。そして、それには自尊心をもつことがベースにあります。自尊心とは、「自分の命と存在に敬意を持ち、大切に思う気持ち」のことです。

自分を大切に思える感性があるからこそ、相手の存在も大切に思うことができる。自己尊重と他者尊重は同じなんですね。

 

――自尊心というと、自分のことをまず尊重して相手は二の次、というイメージがありますが、決してそういうわけではないんですね。

そうです。自分を大切に思う気持ちは、男女の関係を問わず、すべての人間関係のベースにあります。

たとえば、誰かが自分のために何かをやってくれたとします。そのとき、自分の時間の大切さを感じていないと、他人の時間の大切さもわかりません。自分の命の時間は有限であるとわかっているからこそ、目の前の人の命も有限であることがわかるので、自分のために時間を割いてくれた相手に対して心から「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることができるのです。そして、お礼を言われた方は自己価値を感じ、お礼を言ってくれた人に対してもっと愛情を注ぐようになります。

例えば、仕事で疲れて帰ってきた旦那さまが家事を手伝ってくれたことがあった。そんな時、素直に「ありがとう」と言えなくて、旦那さんとの関係がギクシャクしていた方がいらっしゃいました。私のスクールで、自己尊重と他者尊重についてお伝えしたところ、実は旦那様が不器用ながらもその方のことを大切に想っていることにハッと気づかれたんですね。その日の晩に、旦那さんとの関係が変わって、「新婚時代のようなラブラブに戻りました」と仰ってくださったのです。

 

■素直な気持ちが男性のエスコートを引き出す

――たしかに、恋人どうしや夫婦など、長く相手と一緒にいると、相手のことを尊重する気持ちというのが段々薄らいできますね。

愛が勝手に冷めるのではなくて、自分たちの行動によって、愛を冷ましてしまうんですね。

恋人どうしになりたての頃は彼に会うために2時間くらいかけてオシャレをして、彼が遅刻をしたとしても「大丈夫?心配したよ」と言えたのに、付き合って時間が経つと、「めんどくさい」「すっぴんでいいや」とか「なんで私を待たせるのよ!」というぐあいに女性も変わっていく。その変化に男性は傷つくんです。その傷が広がっていくと、心の隔たりも広がっていくんですね。

ですから、自分だけでもずっと「ありがとう」と言い続けると、男性は「オレを大事に思ってくれるんだ」と感じる。このように、女性の側が「恋愛をリードする」という意識を持ち続けると、関係はうまくいきます。

 

――女性ばかりでなく、男性にも慣れ合いや心変わりは起きますね。

もちろん、そうです。そんな時は、傷ついた自分の心に正直になり、それを表現していくことで、相手を変えることもできるんですね。

スクールの受講生の中に、こんな方がいらっしゃいました。

彼女は、毎日料理を一生懸命作っているのに、旦那さんがあまり反応してくれなくて、そのことをすごく悲しんでいらっしゃいました。「そんなにつまらなそうに食べるんなら、食べなきゃいいじゃない」と旦那さんに当たることもあったそうです。

でも、男性は文句を言われれば、文句を言われたことに対して敵対心を持ちます。そのため、スクールで自分を大切にする言い方をお教えしたところ、家に帰ってから旦那さんに「一生懸命作ったのに悲しかった」とポロポロ涙をこぼしながら本当の気持ちを打ち明けました。すると旦那さんは「ごめん、美味しくないわけじゃなかった。いつも作ってくれてほんとうにありがとう」と感謝の言葉を口にしてくれたそうです。おがげで彼女は、旦那さんと再びラブラブ状態に戻りました(笑)。

こうして、適切に自己尊重を発揮すると、相手の態度や言動を変え、最悪な事態も簡単に変えることもできるんですね。「娘」の感性を発揮して、男性に素直に自分の気持ちを表現すると、もともと男性には女性をエスコートする気持ちが備わっているので、優しく受け止めてくれるんですね。

 

■男性は、自分の気持ちをうまく表現することができない

――お話を伺っているうちに、妻に対する感謝の気持ちがムクムクと湧いてきました。読者の方の中にも、彼氏、ないしは旦那さんのことを「もっと大事にしよう!」と思った方が多いのではないでしょうか。

最後に、『恋愛レッスン』を一番読んで欲しいのはどんな方ですか?

 

素晴らしい恋愛をしたい、彼氏や旦那さんとずっと良い関係でいたい、そう思って頑張ってきたけど、どうもうまくいかないと悩んでいる女性です。

「自分を尊重し、相手を尊重する」。そうすれば、必ず「愛」というかたちで相手から返ってきます。実にシンプルです。表面的なモテテクよりも効果が絶大です。そのことを多くの女性にわかっていただければと思っています。

また、男性と女性はそもそも脳の作りや感性・考え方が異なります。男性は、自分の気持ちをうまく言葉で表現することができません。そういった言葉で言えないところを深く理解してあげられるところが、女性の素晴らしい資質です。男性の弱さを理解してあげると、男性に対する見方がガラリと変わります。

是非、本書をお読みいただいて、素晴らしい男女関係を築いてください!

『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』

image

・価格:1,404円(税込)1,300円(税抜)
・発売日:2014年09月29日頃
・出版社:SBクリエイティブ
・サイズ:単行本
・ページ数:223p
・ISBNコード:9784797380200

年齢、容姿は関係なし! 
あなたは必ず愛される。

「どうしていつまでたっても出会いがないの?」
「いいと思った人とうまくいかないのはなぜ?」
「そもそも幸せな恋愛や結婚ってどんなもの?」
そんな悩みを抱えている女性は多いでしょう。
どうしたら、男性と愛し愛される関係を築き、幸せな人生を送っていけるのでしょうか。
本書では、多くのクライアントの悩みを解決してきた著者が、
あなたの魅力を最大限引き出し、真に愛される女性になるための方法をお伝えします。

運命の人と出会い、お互いがお互いを大切に思い、高め合い、幸せなパートナーシップを築いていく――。
そのための具体的な方法を、実例をまじえながらご紹介します。

関連タグ: