image

片岡愛之助でございます。エッセイを始めて1週間、時間が経つのがとても早く感じられます。 

 

4月4日に初日を迎えさせていただいた愛知県・名古屋の「中日劇場四月花形歌舞伎」も、中日を過ぎようとしております。 

 

昼の部の『雪之丞変化』では、市川猿之助丈が演じる中村雪之丞の師匠・中村菊之丞を勤めさせていただいております。これは初役で後に紹介するテレビ東京のドラマ「LOVE理論」の撮影と稽古が重なり、たいへん苦労いたしました。 

その甲斐があるかどうか、ぜひ皆さまのお目で確かめていただきとうございます。 

 

そして夜の部の通し狂言『新・八犬伝』。わたくしは敵役の崇徳院、扇谷定正、網干左母次郎の三役と、里見八犬士の犬飼現八の計四役を早替りで勤めさせていただいております。 

中日劇場では、大敵(おおがたき)の崇徳院役で、舞台上手から客席2階の下手まで、約30メートルもの距離を宙乗りし(日本最長だそうです)、お客様の頭上を通ってご挨拶申し上げております。 

花道の真上の宙乗りはお馴染みなのですが、このお客様の頭上を通るというのは、このわたくしも今回が初。毎日興奮して勤めさせていただいております。 

 

本来なら、お客様の歓声に手を振ってお返ししたい思いが強いのですが、この大敵という役は、みだりに動くと偉く見えない。ドシンとじっとしていたほうが巨悪感を出せるということを、この13年間かけて体得して参りました。 

ですから、ムッツリ顔で決めてはいても、心の中では手を振り返してお客様の声援にお応えしている、そうご納得してご覧いただけましたら幸いです。 

わたくし、実は悪役って大好き。悪役って楽しいんですよ。人をバッサバッサ斬っていいんですから(笑)。楽しんで演じているところもぜひご覧いただければと存じます。

 

チケットは http://chunichi-theatre.pia.jp/ 
または中日劇場予約センター 0570-55-0881 までお願いいたします。 
 

image
BS日テレ『片岡愛之助の解明! 歴史捜査』(初回放送より)(C)BS日テレ

そしていよいよ始まりました、毎週木曜夜9時からBS日テレの「片岡愛之助の解明! 歴史捜査」。

わたくしは、初のレギュラー司会を務めさせていただいております。第1回目の2時間スペシャルはいかがでしたでしょうか? 

 

16日放送の第2回目は、「西南戦争をめぐる新推理!西郷隆盛暗殺計画の真相を追え!」 。江戸城を無血開城に導き、 明治維新最大の立役者となった、薩摩の西郷隆盛。 実はその西郷を暗殺しようとする極秘計画があったという内容です。 

なぜ西郷は狙われたのか、そして差し向けられた暗殺団の実態とは――。事件の真相を語る密書を発掘し、その衝撃の内容をご紹介します。

わたくしも歴史は大好きですから、今後も、専門家のおっしゃりたいことを大切にしながら、視聴者を代表する気持ちで質問を投げかけていきたいと考えております。 

みなさんも、謎解きの楽しみをぜひ味わってください。 

 

実は、レギュラーでの番組司会は初めてなのですが、2回だけの単発で、15年1月に大阪ローカルの生放送で初司会をすでに務めさせていただきました。 

番組名もズバリ、『夜の愛之助 純愛ナイトクラブ』(毎日放送)。ちょっと意味深でしょう(笑)。 

1月にたった2回だけ、2週連続で夜12時から生で放送させていただきました。『歴史捜査』は編集ありですが、この『夜の愛之助』は生放送でしたからね。 

しかも、歌舞伎が終わってからの生放送で、翌日も昼の部から舞台がある。そんな環境の中でしたが、なかなか面白く務めさせていただきました。 

意味深なタイトルは、もちろん放送時間からつけたものです。 

 

わたくしの場合、舞台が夜の9時ごろに終わりみんなで食事をして、家に帰ってホッとすると、ちょうど夜中の12時くらい。わたくしはそうなのですが、それぐらいの時間にテレビをつけると、たまたま自分が見たい番組がやっていなかったりしませんか? 

この番組の企画、はじめはは普通のトーク番組だったんです。夜中の12時に普通のトーク番組じゃあ、ちょっと工夫が必要な気がして、だったらちょっとお色気を入れてみませんか、と提案してみました。 
 

image
毎日放送『夜の愛之助 純愛ナイトクラブ』(C)井川由香 

昔、わたくしの子供時代には、夜中に『11PM』(日本テレビ系)など、ちょっと刺激的な生放送のお色気バラエティ番組が放送されていました。そんな番組は今は皆無になっている。これはちょっと寂しいことだなと。 

そこでダメもとで提案させていただいたら、ありがたいことに、毎日放送さんも企画に乗ってくださった。 

ずんのやすさんをアシスタントに、僕が元グランドキャバレーのスタジオに入って行くと、男性神輿に担がれてステージへ。そのステージ上では金粉女性ダンサーが踊っているという衝撃的な幕開けでした。 

 

番組では、男装女性を愛する追っかけ女性ファンの一途さや、こけしを純粋に愛する4人の女性をクローズアップ。どれだけ没頭しているかをVTRも含めて紹介し、コメンテイターの方々にも語っていただき、大いに盛り上がってあっという間の1時間でした。 

 

コメンテイターのおひとりには、ハイヒールモモコさんにも出ていただいたのですが、彼女はわたくしの舞台をお着物姿で何回も見に来てくださっています。 

こけしファンの方々に、「あんたら出会えてよかったな。世界にあんたら4人だけやで」と少々キツいアドリブで笑いを取ってくださいました。ももこさんの偉大さに、改めて気づかされた思い出の初回でしたね。 

今後も、生放送でも何でもいきますよ。期待しててください。 

image
テレビ東京『LOVE理論』(C)テレビ東京

そしてもう1本、本日4月13日より毎週月曜夜11時58分からテレビ東京系でドラマ「LOVE理論」が始まります。  

わたくしの役は、謎のキャバクラ店長・水野愛也。大野拓朗さん演じる茨城県から上京してきた冴えない大学生に究極のラブ理論を伝授していくという、恋愛ハウツードラマです。 

 

毎回、ラブ理論を伝授する場面があるのですが、相手に説教する2人の顔が近すぎ! ほんと、鼻と鼻がくっつく距離で「あ~!?」と相手にからんでいくシーンが多いので、ダチョウ倶楽部さんのギャグではないですが、いつ“キス”に発展してもおかしくないほど(笑)。 

実際、同じことを大野君も演じながら感じていたようで、彼は自分なりの“近距離理論”というものを確立して、「あまりにも相手との距離が近くなると、人は何でも許してしまう。相手が男性でもいつキスされてもOKという気持ちになってしまっている」と語っていました。 

やっぱり以心伝心でした(笑)。 

 

というような、見どころ満載のドラマが、わたくしのいちばん好きな時間帯、深夜11時58分からオンエアです。 
ぜひご覧になって、深夜ですが笑ってやってください。 

ではまた来週お目にかかります。 

片岡愛之助

 

プロフィール

1972年3月4日生まれ。’81年12月、十三世片岡仁左衛門の部屋子となり、南座『勧進帳』の太刀持で片岡千代丸を名乗り初舞台。’92年1月、片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目片岡愛之助を襲名。’07年12月上方舞・楳茂都流の四代目家元を継承し、三代目楳茂都扇性(せんしょう)を襲名した。

 

関連タグ: