image

オフィスや、お仕事終わりにホッと一息つきたい、お道具を揃えてきっちり始めるには、まだ・・・・・・という女性も多いのではないでしょうか。OL茶道は、その名のとおりカジュアルに楽しめる茶道を目指して、遠州流茶道 小堀優子(26)と、茶道にチャレンジしたいアイドル・森咲樹(アップアップガールズ(仮))が、教え、学びながら新しい茶道を提案。

image

小堀優子「お茶を点てていきましょう。咲樹さん、準備はよろしいでしょうか?」

森咲樹「ドキドキしますが…がんばります!」

小堀優子「では、右手で茶杓の真ん中のところをとってください。左手は茶器を横から握るように。気を付けていただきたいこととして、お道具を持ってくるときにお茶碗の真上を通さない。手が滑って落ちたらお茶碗を傷つけてしまいますので、すーっと回り道をするようにしてみてください」

image

小堀優子「そして、三本の指で蓋を開けたら、山になっているお抹茶の向こう側を二すくい半」

森咲樹「二杯がちょうどいい濃さということですか?」

小堀優子「そうですね。二すくいは、普通にすくって、あとの半分で、お出しする相手の好みに合わせて、調整します。お抹茶を入れたら、茶杓で漢字の「一」を描くようにほぐします。そして、茶杓の先にお抹茶がついているので、お茶碗の下の底のところで二回はたいて、同じように茶杓を握りこんで蓋をしめて戻します」

image

小堀優子「次はお茶を点てていきます。茶筅の動きを説明すると、時計に見立てて、一時から七時の方向に思いっきり動かします。最初は茶筅が底にしっかりあたるくらい泡立てて、徐々に泡立ってきたら茶筅を上に浮かしていき、泡が細かくなるようにしていきます。そして最後に漢字の「乙」の字を描くようにして、真ん中に茶筅を持ってきてゆっくり上げてあげたら完成です」

image

森咲樹「あの、お湯を入れるときに粉が舞ってしまって側面についてしまったんですけれども、こういう場合はどうしたらいいんですか?

小堀優子「はじめてですので、お湯の流れる加減が分からないと思うんですが、徐々に、お湯をどういう風に淹れたらお茶が飛び散らないかというのが分かるようになりますよ」

森咲樹「そこからもう大事なんですね」

小堀優子「少しだけなら、お茶碗の側面に茶筅を当てれば落ちます。いっぱい広がってしまって場合は、最初にお湯をなじませてあげて直してもいいですけれども、それはあんまりしないで自然のままで大丈夫です」

森咲樹「分かりました。点ててみて思ったのですが、けっこう腕の力が必要ですね」

小堀優子「そうなんです。コツを掴めば、肩に力を入れずにさっと立てることができるようになるんですけれども。でも、咲樹さんはとてもお上手ですよ!」

森咲樹「本当ですか!? ありがとうございます♪」

image

小堀優子「お茶のお稽古をして、お茶室で…となると一時間も二時間、さらにはお道具の準備とかお掃除とかお庭とか全て含めると何日も何時間もかかったりします。ですが、OL茶道では、色んな人に楽しく簡単に茶道を捉えてほしいということなのでこういうような形で今日は紹介してみました」

 

*おまけ:茶道でよく聞くあの言葉の意味

森咲樹「茶道でよく「大変結構でございます」という言葉を耳にしますが、どういう意味なのでしょうか?」

小堀優子「お流儀によって違いはありますけど、遠州流では一口いただいた後に、お茶をたててくださった方に「ありがとう」という感謝の気持ちをこめて「大変結構でございます」と伝えています」

小堀優子(こぼりゆうこ)

遠州茶道宗家 13世小堀宗実家元の次女として生まれる。幼少より祖父12世宗慶宗匠と父宗実家元より、茶道の手解きを受ける。学習院大学法学部卒業。在学中よりラクロスで活躍。日本代表として活躍するとともに、後進の指導にあたる。平成22年より、父宗実家元の内弟子修行を始める。

●個人ブログ
「遠州流…優子の茶道ひとり言~綺麗さび 遠州流とわたし~」

森咲樹(もりさき)

2011年結成されたアイドルグループ、アップアップガールズ(仮)のメンバー。現在テレビ東京系で放送中の『チャージ730!』(毎週月~金曜朝7時30分~)ではお天気キャスターに抜擢され月曜日担当チャージガール!として活躍中。NHK Eテレ放送中『Rの法則』(月~木曜午後6時55分~)にもレギュラー出演中。

個人ブログ
アイドル&お天気キャスター 森咲樹が初めて出会う「茶」から発見するたくさんの想い「森Tea 百茶百想~お茶と私のあれこれ~」