今回も日本橋。路地裏を、ゆっくりぶらぶら歩く坂東彌十郎さん。

 

再開発が進む町で野良ネコを見つけ、思わず「ニャ~オ~」と鳴き真似でごあいさつ。大ベテラン俳優の、ちょっぴりお茶目な一面が垣間見えました。

 

しかし、そこは彌十郎さん。走り去るネコの後ろ姿をカメラに収めながら、歌舞伎の世界の、犬猫にまつわる“験担ぎ”の言い伝えまで教えてくれました。それは、楽屋へ連れてきてもいい動物の話なのですが……はてさて、それはワンちゃん、ネコちゃん、どちらでしょうか?

 

 

そして、ついに彌十郎さんお目当てのお店が見えてきます。それは、若き日の彌十郎さんが愛した味を受け継ぐ、中華料理の老舗『日本橋 大勝軒』でした。

 

 

坂東彌十郎(ばんどう・やじゅうろう)


1956年、往年の銀幕の大スター・初代坂東好太郎の三男として生まれる。祖父は十三代目守田勘彌。1973年5月、歌舞伎座 『奴道成寺』 の観念坊で初舞台。八代目坂東三津五郎、三代目市川猿之助のもとで芸を磨く。近年ではコクーン歌舞伎や平成中村座など、十八代目中村勘三郎との共演も多数。平成中村座の海外公演にも参加してきた。また、今年(2016年)5月には、ヨーロッパ(フランス、スイス、スペイン)で歌舞伎の自主公演を敢行。大好評を博した。長男は初代坂東新悟(26)。

 

関連タグ: