Instagramを中心に話題沸騰中のイラストレーター・横峰沙弥香さん。2015年に産まれた愛息「まめちゃん」の爆笑成長記録を、ほっこりするイラストとともに本誌で連載!

image

ご飯の時間は家族の幸せタイム。
食に関しては目立った好き嫌いもなく順調に進んだ息子、
スプーンやフォークを使って自分で食べるのも随分と上手くなりましたが、
やはりパパママに食べさせてもらうのは嬉しいようです。

 

食べたいものを指差しては
「あーん」
それを食べさせてもらって喜び、
次は自分で食べて見せて喝采を浴びる、
というところまでがセットです。

 

ここまでは家族の楽しい時間。
でも着実に小賢くなっている息子、
外出時にはやらかしてくれます。

image

スーパーに買い物をしに行った際、
レジに向かうには
お惣菜が手を替え品を替え誘惑してくる美味しそうなエリア
を通り抜けなければならず、
そこでうっかり好みのおかずでも見つけてしまおうものなら

image

こうなるに決まってますよね。
想定内!

 

こんなところで「あーん」するわけにもいきませんので
私、華麗にスルーです。
なんとかやり過ごしてお会計さえ済ませてしまえば、
事無きを得るということを知っていますからね。

 

「後でね~帰ってからあーんしようね~」
などと適当に吹きながらお惣菜コーナーの前を通り抜けようとしたのですが、

 

敵もバカではありませんでした。

 

そういった私のパターンをデータとして貯めていたのでしょう、
その手には乗らないぞと言わんばかりに「あーん」を要求。

 

しかも

image

顔 め っ ち ゃ 怖 い !!

 

このときばかりは後悔しました。
家族のコミュニケーションとはいえ、
もう「あーん」などやってはいけなかったのではないかと。
この可愛いおねだりフェイスとはじけるような笑顔に籠絡されてうっかり甘やかし、
息子を堕落させてしまったのだ、
私はなんていけない親なんだ……。

 

とりあえず落ち着いてもらうために売り場の隅へ移動した途端、
息子は突如「あーん」コールをやめ
手遊びをし始めました。
最初から「あーん」なんて期待してませんでしたよ、
的な空気をバンバン出しながら。

 

戦慄しましたよね。
私が思っているより、
ひと回りもふた回りも賢くなっているんですね。

 

うかうかしていたら私の方が振り回されそうなので、
今後は(適度に可愛さを楽しみつつ)
気持ちを引き締めて(でもデレてしまうのは仕方がないと思うので加減しながら)
気をつけて接しようと思います!(できるかどうかわからないけど!)