image

第4飯 辻家の卵焼き

■材料(8〜10人分)

・卵 12個
にんにく 2片
・パセリ 適宜
・ごま油 大さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ1/2

☆調味料
・砂糖 大さじ1
・日本酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・胡麻油 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ1
・茅乃舎(かやのや)の煮干しだし 1袋

■作り方

①卵12個をボールに割リ入れ、空気をいれるように菜箸か泡立て器でかき混ぜる。

image

②ボールに調味料(☆)を入れて混ぜ合わせる。最後に袋を破ってだした茅の舎のだしの粉をいれてよく混ぜる。

image

③フライパンに胡麻油とオリーブオイルを入れて、みじん切りにしたにんにくを炒め、香りがでてきたら調味した卵を注ぎ入れる。

image

④木べらでゆっくりかき混ぜながら、底を擦るように火を入れていく。最初は強火で、湯葉状に固まり始めたら少し火を弱めて、気長に混ぜる。

image

⑤全体的に湯葉状になったあたりで一度強火にする。20秒くらい底に軽く焦げ目をつけたらいったん火を止める。

image

⑥アルミホイルで蓋をして一時間くらい、最低でも30分はそのまま置いておく。

image

⑦フライパンを返してお皿に盛りつける。

image

⑧食べやすいように包丁で切り分けて、仕上げにパセリのみじん切りを散らす

image

*今回は直径27cmのフライパンを使用しましたが、卵の量によってフライパンの大きさは変えて下さい。少し小さめの方がふっくらと仕上がります。
*茅乃舎の煮干しだしは通販でも手に入ります。

 

関連タグ: