image

第6飯「洋風づけまぐろ寿司」

■材料(4人分/24貫)

・まぐろの赤身 1柵(250gくらい)
・ごはん 2合
・すし酢 大さじ3
・砂糖  適宜
・白ごま 適量大さじ
・フルーツトマト(プチトマトサイズの小さいもの)8個
・芽ねぎ 適量

 

☆つけ地
・煮切り酒   45cc
・煮切りみりん 45cc
・醤油     45cc

 

☆生クリームわさびソース
・生クリーム 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ3
・おろしわさび(チューブのものでも良い)小さじ2

 

■作り方

すし酢に砂糖をあわせておく。

つけ地を作る。日本酒とみりんを鍋に入れ火にかけて煮切り、醤油を加えて冷ましておく。

氷水を用意しておく。

image

まぐろをフライパンで表面だけさっと炙る。表面が白くなったらOK火を入れすぎないように注意。image

まぐろを氷水にいれてすぐに引き上げ、しっかり水気を取る。

まぐろを薄切りにする。目安としては100gで12枚くらい。(両はじも入れて)

image

つけ地にいれて3時間ほど冷蔵庫で漬ける(最低でも1時間は漬ける)。つけ地が両面に回るようにまぐろの上にペーパータオルを乗せ、それからラップをかけても良い。

image

生クリームとオリーブオイル、おろしわさびを入れて丁寧に混ぜ合わせる。

image

ごはんを硬めに炊き、炊きあがったらボウルにあけざっとほぐし、すし酢をしゃもじで受けてかけ、切るように全体を混ぜる。この時にうちわであおぐとよい。

image

つけ終わったまぐろは汁気をふく。

image

酢めしを24等分にして手の上でコロコロ転がすようにして握り、その上に漬けまぐろをのせ、生クリームわさびソースを垂らす。

image

仕上げに4つ切りにしたトマトを乗せる。

image

*写真のような形のまぐろの柵が手に入ると長い切り身が取れるので、出来上がりが綺麗。

*握るのが難しいという方はラップに一個ずつ包み、手まり寿司のようにしても良い。

*飾り付けに芽ネギを散らすと見た目にも美しい


■おまけ

image

■応用:小丼

image

 

関連タグ: