「ここが盲点。目から日焼けする! その理由と対処法」

image

目から日焼けする! 最近よく聞くこのフレーズ。でもなんでだろう? 目から紫外線が入ったら、目だけ傷めそうなのに。そこで、目を紫外線にさらしたら肌が黒くなる、その理由を探してみました。

 

マウスによる面白い実験をした方がいます。大阪市立大学医学部の井上教授。耳のみ、目のみにそれぞれ紫外線を当てたら、耳のみに紫外線を当てたマウスは耳だけ日焼け、のみに紫外線を当てたマウスは体全体が日焼けしたそうです。そして、脳下垂体を摘出したマウスにも同じ実験をしたら、体全体が日焼けする事はなかったんだとか。つまり、目に入った紫外線が目にダメージを与え、そのダメージが信号となって脳に刺激を与え、その刺激によってメラニンが作られ、体が黒くなったんですね。ようするに、目にダメージが与えられなかったら、肌は黒くならないってこと。肌を黒くしないためにも、目に紫外線を与えない、紫外線の当たった目のダメージを取る、この2つが大事なの。

 

そこで、まずサングラスを使いましょ。サングラスはUVカット効果のあるもの。そして、色の薄い物がオススメ。色が暗すぎると瞳孔が開いてしまって、ちょっとの紫外線でもダメージを受けやすいんだとか。そして、顔との距離が近いものを選ぶとベター。紫外線の横入りを防いでくれるよ。サングラスが苦手な方は、UVカット付きのコンタクトレンズもいいみたい。これは、目に密着するから、紫外線をかなりカットできるみたい。

 

ダメージを取る為には、目薬をつかいましょ。UVカット機能のついた目薬には硫酸亜鉛が入っているの。この成分が角膜表面のダメージを取り、肌のメラニン色素を作るのを防いでくれるんだって。

 

せっかく日焼け止めをたっぷり塗っても、目から紫外線が入ってしまっては台無し。サングラスと目薬で、色白美人を目指しましょ♪