image

冬も本番、お肌や髪の毛の乾燥が気になる季節ですね。この時期はスキンケア同様、髪や頭皮にもしっかりと栄養を与え、保湿ケアをしてあげることが大切になってきます。そこでオススメなのが、はちみつを日々のヘアケアにプラスすることです。

 

非加熱で天然100%のはちみつには、ビタミンやミネラルをはじめとする約200種類もの美容健康成分が含まれており、天然の美容液ともいえます。髪の毛の三大栄養素は「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」。これらの栄養素は、全てはちみつに含まれているのです。また浸透力、殺菌力、保湿力も優れているため、頭皮を清潔にし、栄養を届け、潤いを保つ手助けもしてくれます。そんなヘアケアに最適な、はちみつの使い方をご紹介いたします。

 

(1)シャンプー+はちみつ

はちみつをシャンプーにプラスすると、頭皮の脂はもちろん、埃や外気の汚れまで綺麗に洗い流してくれます。洗い上がりは意外にもサッパリ、しっとりとしていて、はちみつの殺菌力が頭皮を清潔にする効果も。さらに内部まで栄養を浸透させ、内側から潤いたっぷりな状態にしてくれます。

 

(2)コンディショナー+はちみつ

コンディショナーにも、はちみつをプラスしましょう。使い方は、髪の毛全体になじませてからすすぐだけ。はちみつ豊富な有効成分を髪に与え、保湿効果も得られます。指通りのよい艶やかな洗い上がりになります。

image

これらを続けると、頭皮が整い、髪の毛の一本一本まで健康になります。キューティクルはしっかりと保護され、さらさらで艶のある髪質に変化。潤いが内側から満たされ、髪質が変化。そして、エンジェルリングが現れるのです。

 

最後に、髪を乾かすときは、毛先にドライヤーをあてず頭皮を乾かすようにすること。頭皮全体が乾いたと感じてからさらに30秒ほど乾かし続けることで、開いていたキューティクルがきゅっと閉じてさらさら潤った髪になります。乾燥知らずのさらさら潤い髪になれる『はちみつヘアケア』、今日から是非試してみて下さい!


著者プロフィール


東出佳子
アーユルヴェーダ・メディカルハーブを学び、“美と健康”をコンセプトとした飲食店経営を経て、「肌から食す」という考え方に着目。  ΝZ産マヌカハニーとの出会いにより、長年抱えていた肌トラブルのニキビが改善。2009年、はちみつ美容研究家として活動をスタート。はちみつ美容を取り入れたトータルビューティーを提案している。  

東出直子
生まれつきアトピー性皮膚炎に悩まされ、予防医学・自然治癒学に強く惹かれる。  美容系商社でスキンケア商材、コスメ営業を経験。結婚、出産を機に「食す美」と健康に積極的に取り組む。シンガポールではベビーヨガインストラクター、モデルとして活躍。帰国後、2012年より姉妹ではちみつ美容家として活動を開始している。


 

関連タグ: