image

皆様こんにちは、はちみつ美容研究家・東出姉妹です。

 

暖かくなり、菜の花やサクラの花も咲き始めるなど、すっかり春ですね!先日、我が家の姫も卒園式を終え、4月から新たな一歩を踏み出す準備に追われています。ブーツを脱ぎ捨て、重いコートからも解放!!これからまさに、身も心も軽やかに過ごせるシーズン到来です。

 

さて今回はそんな露出が増える時期に、自信を持って過ごせるための“はちみつ潤いボディケア”をご紹介!!「冬の間に太った」、「衣服で隠れるからボディケアは手を抜いていた」、「乾燥が気になる」、「ボディクリームやボディバームは苦手」、「面倒くさいから何もしていない」なんて方は必見です!

 

《はちみつ潤いボディの作り方》

1. 小さめのボール、又は器にヴァージンココナッツオイル大さじ2とはちみつ小さじ1を入れ、軽くかき混ぜる。※滑らかな結晶化していないはちみつを選ぶ 

2. お風呂に入る前の身体全身に①を塗り込む。かかとや足の指の間、足の爪や手の指先など隅々までしっかりと塗る 

3. 湯舟に10分〜15分浸かる、またはシャワー

 

なんと、これだけ!!

image

  

これを毎日続けていると、十分に保湿された潤いある“魅せ肌”を作れるのです。ヴァージンココナッツオイルとはちみつは合わせるとその相乗効果は倍増!浸透性が高く、保湿もしっかり。炎症を起こしている人や、お肌が弱い敏感肌の人にもお使いいただけます。

 

ボディケアはスキンケア同様、自分の身体の状態やボディライン、体重の増減など自分自身を知る大切なケアのひとつです。そこに意識を向けてあげると、自分自身の身体に対する意識が変わり、お肌も応えてくれるようになります。それこそが、潤いある“魅せ肌”をつくるカギです。

 

自分自身で愛情を込めて自分の身体をたくさん触って、その心地よさを感じてみましょう。そして、暖かくなってウキウキする軽やかな気持ちとともに、自信を持って好きなお洋服を選び、大切にケアされた潤いある“魅せ肌”を味方につけて、より一層素敵に輝いてください!

 

著者プロフィール


東出佳子
アーユルヴェーダ・メディカルハーブを学び、“美と健康”をコンセプトとした飲食店経営を経て、「肌から食す」という考え方に着目。  ΝZ産マヌカハニーとの出会いにより、長年抱えていた肌トラブルのニキビが改善。2009年、はちみつ美容研究家として活動をスタート。はちみつ美容を取り入れたトータルビューティーを提案している。  

東出直子
生まれつきアトピー性皮膚炎に悩まされ、予防医学・自然治癒学に強く惹かれる。  美容系商社でスキンケア商材、コスメ営業を経験。結婚、出産を機に「食す美」と健康に積極的に取り組む。シンガポールではベビーヨガインストラクター、モデルとして活躍。帰国後、2012年より姉妹ではちみつ美容家として活動を開始している。