image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。梅雨間近、日々の雨は何かと私たちの生活に影響を与えますね。それは、お肌にとっても例外ではありません。ジメジメした日が多くなりお肌にも影響を及ぼすのです。そこで今日は「湿度とお肌の関係」についてお話ししたいと思います。

 

梅雨になると肌がベトベトしたり、髪の毛がウネウネしたり、湿気による悩みが多くなる時期です。だからといってエアコンや除湿機を使用して湿度を下げると、乾燥の原因になります。お肌にとって、最適湿度は60〜65%と言われています。しかしながら、梅雨の時期の湿度は70〜80%。高温多湿な日が多いため、細菌が繁殖しやすい環境といえます。

 

この時期のお肌の悩みとしては「肌表面が脂っぽい」「肌表面が汗でべたつく」「ニキビができる」「シミ、そばかすができる」「毛穴が広がる」などが挙げられます。その際に重要なのは、

 

・クレンジングをしっかりすること

・洗顔を丁寧にすること

・しっかり保湿すること

 

です。それらの効果をすべて助けてくれるのが、はちみつなのです。以下、はちみつを使った方法をお伝えします。

image

●はちみつクレンジング

はちみつには、クレンジングや軽いピーリング効果があります。手順はまず、濡れた肌にはちみつをつけて顔全体になじませ、その後で肌の上にお手持ちのクレンジング剤を塗ります。そして、やさしく丁寧に汚れやメイク料を落としてください。最後は、ぬるま湯で8割程度まで洗い流しましょう。

 

●はちみつ洗顔

はちみつは肌表面を弱酸性に保って乾燥を防ぎ、殺菌力があるのでニキビにも効果的。洗顔を怠ると、雑菌が繁殖したり、皮脂がメイクアップ料と混ざって酸化するため、肌の刺激物となるのです。手順としては、ネットではちみつと石けんを泡立て、角が立つくらい濃密な泡を作ります。次に、顔に泡をつけて約5秒。そして泡を転がすようにして肌表面の汚れをやさしく洗い、ぬるま湯で泡をなじませた後にさらによく流しましょう。

 

●はちみつ保湿パック

化粧水シートパックではちみつ成分を奥まで届け、潤い肌にしてくれます。はちみつには肌表面を弱酸性に保つ力があり、自らの細胞間脂質を作り出す力も育んでくれます。手順は顔全体にはちみつを塗り、シートパックを顔にのせ10分〜15分おく。そしてシートを外し、なじませるように手の平で顔をおさえます。仕上げにクリームを塗り、油分で水分を閉じ込めましょう。20分以上つけっぱなしにすると、肌の水分が奪われるので要注意を!

 

ジメジメした梅雨の時期を、気分良く快適に過ごす為にもはちみつを使った丁寧なスキンケアをおすすめします。ぜひ、お試しください。

関連タグ: