image

皆さん、こんにちは。はちみつ姉妹です。昨晩は、『中秋の名月』とても綺麗な満月を見ることが出来ました。我が家では、お月見団子やすすきもお供えしました。大きく真ん丸いお月様を眺めながら改めて考えたのですが、自然界とはとても不思議で未知の世界だと思います。そして、その自然界の様々な「周期」は人の身体やお肌に影響を与えています。月の満ち欠けの周期は、29.5日と言われています。生理も個人差はありますが28~30日周期です。月経とも呼ばれているように、生理と月の動きは同じような周期で巡りとても密接な関係であると考えられています。

「生理前はイライラしてしまう」「ニキビが増える」「肌荒れする」などの症状を実感する方が多くなります。このような症状が起きるのは、生理が女性ホルモンと連動しているからです。女性の身体はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンを分泌して成り立っています。しかし、生理前になるとこの女性ホルモンのバランスが崩れ、心や身体に影響を与えます。

また生理前はこの女性ホルモンの働きによって、身体が準備に入り水分や脂肪などを蓄えていきます。そのため生理前は代謝が悪くなり、むくみ、不眠、イライラ、便秘などの症状が起こりやすくなります。同様に、お肌の状態もニキビが出来やすかったり、刺激に対して敏感になったり、肌荒れを起こしたりします。そこで生理前から生理中、生理後とお肌のコンディションを把握しておくことで、日々、自分自身のお肌と向き合い対話しながらスキンケアすることが出来るのです。そんなデリケートな身体やお肌に、はちみつ美容を是非お役立て頂きたいと思います。

image

お肌の状態は、毎日変化します。生理前や生理中は特に肌荒れしてしまったり、ニキビが出来たりします。そんなデリケートな期間はバリア機能が落ちているため化粧品を変えたり、スペシャルケアをしたりと刺激になるような事は避けて下さい。この期間中は、いつものケアを丁寧にすること。更には、なるべく自然のものでお手入れすることをオススメいたします。なかでも、はちみつのみで行う『はちみつクレンジング』『はちみつ洗顔』は、お肌に負担をかけることなく、スキンケアができる方法です。優しく丁寧に自然の恵み『はちみつ』でケアしてみて下さい。また、ニキビが出来た際は『はちみつ』を綿棒でニキビの上にスポット置きしてみて下さい。

そして生理後から排卵日にかけて、お肌のバリア機能も高まりベストな状態になります。この時期は、新しいお化粧品を試したり、スペシャルケアをするのにぴったりな時期です。そこでは『はちみつ』のみで行うはちみつパックやアボガドはちみつパックをするとよいでしょう。森のバターともいわれるアボガドは果物でありながら、栄養成分豊富な天然材料です。タンパク質と脂質をたっぷりと含み、しっとりしたツヤのあるお肌に整えてくれます。さらにビタミンEが豊富で、老化を防ぎ肌の弾力を保ちます。また、乾燥しているお肌への水分補給にも効果的です。

 

【アボガドはちみつパック】

●材料

熟したアボガド 1/2
はちみつ 小さじ1
豆乳ヨーグルト 大さじ1
米粉又は小麦粉 小さじ1

●作り方

① アボガドの果肉のみつぶす
② ①にはちみつと豆乳ヨーグルトを入れる
③ ②に米粉を加え、混ぜ合わせる

※金属製のスプーンを使うと、はちみつの有効成分が失われます。また、ヨーグルトの乳酸菌が減少する原因になりますので木製又はプラスチックのスプーンをお使い下さい。

 

月周期を生理だけではなく、お肌のサイクルとしても捉え、はちみつ美容を取り入れることで安心、安全、優しい美肌づくりを楽しんで下さい。

関連タグ: