image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。緑が色濃くなり、日焼け止めが欠かせない季節となりましたね。最近は手ぶらでおしゃれなアウトドアを楽しめるようになっていて、ファミリーや友達同士で気軽にBBQなんて方も増えているようです。私たち姉妹も週末を利用してBBQを楽しんできましたが、前日から器材を手配したり、食材を準備したり、大忙しでした。

そして我が家の大活躍なアイテムは、やはり【はちみつ】。今回は、アウトドアではちみつをどのように使うのか、ご紹介したいと思います。

①お肉にはちみつ
お肉とはちみつの愛称は抜群!少しつけて置くだけで、はちみつの持つ果糖とブドウ糖がお肉のタンパク質や筋肉の間に入り込み、組織が縮むのを防いでくれます。また、冷めても固くなりにくくなるのが特徴。そのためBBQのお肉がひと味もふた味も違った美味しさになるのです。

②白ワインにはちみつ
BBQといえば、お酒!白ワインにはちみつを入れて混ぜると、ほのかに甘くまろやかな口当たりになります。はちみつに含まれる果糖は肝臓内のアルコール分解を助ける働きもあり、酔い覚ましとしてお湯に1~2杯のはちみつを溶かして飲めば肝機能も回復。ワインが冷えていると綺麗に混ざりませんが、そんなときはスティックではちみつをすくい、舐めながらワインをいただきましょう。

③顔にはちみつ
そして、アウトドアで気をつけなくてはならないのが日焼け。乾燥した肌は外的刺激に弱くなるため、紫外線が肌の奥に入り込み、シミやそばかすの原因になります。でも、ここでもはちみつが効果を発揮!はちみつを日焼け止めに混ぜることで、しっかりと保湿しながら皮膚表面をコーティング。日差しから肌を守ることができるのです。

④髪にはちみつ
最後に、日差しにさらされた髪は予想以上に乾燥しています。だから帰宅後は、はちみつでしっかり保湿するとともに、はちみつの殺菌効果や抗炎症効果で頭皮の皮脂バランスを整えましょう。まずシャワーで頭を濡らし、頭皮の汚れをしっかり取ったあとにはちみつを塗りこみます。そのままタオルで髪を包み、15分。それだけで髪を清潔に保ち、健康でツヤのある髪が育つでしょう。

このように天然のはちみつを利用することで、料理は美味しくなり、お肌や髪を守ることも可能。内側からも外側からも健康で美しくいられるため、思い切りアウトドアを楽しむことができます。是非、試してみて下さい!