image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。松葉杖での生活も一週間がすぎ、随分と慣れてきました。と言いたいところですが……なかなか上手に松葉杖を使えず苦戦しております。そんななか一日も早く回復するようにと、日々、はちみつ水を飲んでいます。そこで今日はアーユルヴェーダで薬として飲まれている【はちみつ水】についてお話したいと思います。

 

はちみつ水とは、はちみつを溶かしたお水のことを指します。このはちみつ水を毎日一杯飲むだけで、驚きの変化を感じることができるのです。

 

はちみつは紀元前3000年前の古代エジプトで「神々の食べもの」と呼ばれ、切り傷や火傷、利尿の薬、便秘薬としても利用されていました。また古代ギリシャ人にとっても価値のあるものとされ、人々の食生活にも広く浸透していたそうです。有名な哲学者アリストテレスの著書にも登場しているほど。古代オリンピックの競技者たちも力とスタミナを素早く充電してパフォーマンスを上げるため、はちみつを入れた水を飲んでいたそうです。

 

では、はちみつ水を飲むとどのような効果を得ることができるのでしょうか?

1.疲労回復
2.冷え性改善
3.免疫力UP
4.デトックス
5.高血圧予防
6.整腸作用
7.鎮静
8.保湿
9.抗菌
10.殺菌
11.アンチエイジング
12.視力回復
13.しゃっくりを治める
14.気管支喘息
15.喉のケア
16.脂肪代謝

などなど、数え切れないほどの効果を体感していただけるのです。作り方もとても簡単です。

 

【はちみつ水の作り方】
《材 料》
はちみつ

《作り方》
①カップに大さじ1~2のはちみつを入れる
②少量の水をカップに入れてかき混ぜます
③更に、水を入れかき混ぜる
④出来上がり

《注意点》
※非加熱はちみつを使用すること
※オーガニックはちみつ
※40度以下
※起床時、就寝前などの空腹時に飲むこと

 

そして白味噌は夕食又は就寝前にいただくことをオススメします。白味噌には、ギャバが豊富です。ギャバには、空腹中枢に働きかけて空腹感を抑えるという働きがあるため、食事量が多い夕食時に摂ることで、食べ過ぎてしまうことを防いでくれるのです。

 

美容・健康のためにも、ぜひ一日の始まりと終わりに一杯のお味噌汁を飲んでみて下さい。その際にひとさじのはちみつを加えることで、味に深みとまろやかさがプラスされます。さらには、栄養価も高まるのでオススメです。是非、お試し下さい。

 

免疫力を高め、体内やお肌を美しく健康にしてくれるオススメドリンクです。ぜひ試してみて下さいね。

関連タグ: