image

 

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。1月もあっという間に終わり2月が始まりましたね。昨年10月に右足の指中を3本骨折したのですが、まだ完全にくっつかず松葉杖生活が続いております。生活はとても不便で周りの人の助けなくしては生活するのも一苦労で心が折れそうなこともたくさんありますが、電車やお店などで優しさをいただくたびに助かると同時に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

そんななか、遅めの新年会へ参加して参りました。骨折以来、禁酒をしていたのですが「少しなら」とおつきあいで日本酒をいただきました。久しぶりのお酒はとても美味しく、1口、2口、3口と飲み進めるうちあっという間に顔が赤くなりフラフラと酔ってしまいました。飲むと体にいい日本酒、実はお肌に塗っても嬉しい効果がたくさんあります。そこで今日は日本酒の美肌効果とそのお手入れ法についてご紹介したいと思います。

 

日本酒は米、米麹、水を原料とし、発酵させたものをこして造られています。日本酒に含まれる米麹にはメラニン色素を抑えてくれる作用があり、飲むことで体の内側から、塗ることで体の外側から効果を発揮してくれます。

 

また日本酒には豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸が含まれており、特にアミノ酸は保湿に対しては必須成分。角質層で保湿成分として作用します。また日本酒に含まれる旨味成分α-グルコシルグリセロールは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促してくれます。お肌にとって効果的な成分がたくさん入っている日本酒ですが、その昔、江戸時代の女性たちは化粧水の代わりに日本酒をつけていたとも言われています。

 

そこで、本日は姉妹オススメの【はちみつ日本酒化粧水】をご紹介いたします。

 

1.材料

・ハーブウォーター又はローズウォーター(精製水)100ml
・日本酒(純米酒)50ml
・はちみつ 適量

 

2.作り方

・ ローズヒップティーを濃い目に煮出す
・ 粗熱をとり、日本酒を入れる
・ 非加熱のはちみつを入れる

 

※冷蔵庫で保管し、1~2週間で使い切って下さい
※アルコールアレルギーがある方は、パッチテストを必ず行ってから使って下さい

 

【はちみつ日本酒化粧水】は、とても簡単に作れるのでぜひお試しいただきたいものです。しかしながら最近は働く女性も増えているため「忙しくて自分自身に時間をかけることが出来ない」という方もいらっしゃるかと思います。そんな方には簡単“ながら美容”として【はちみつ日本酒風呂】をご紹介いたします。38度程度のぬるめのお湯に日本酒+はちみつを入れかきまぜます。

 

半身浴で10分以上ゆっくり浸かると、保湿効果が高まりオススメです。

 

《はちみつ日本酒風呂の効能》
・お肌しっとり潤う
・お肌が白くなる
・保温効果、冷え性対策
・安眠効果
・腰痛、肩こり緩和

 

などなどお肌のみならず、体全体に効果を感じていただけると思います。どうぞ【はちみつ日本酒化粧水】【はちみつ日本酒風呂】をお試しいただき、日々のちょっとした心がけで美しく健康なお肌をキープしたいものです。

関連タグ: