image

 

皆様、こんにちは。はちみつ姉妹です。湿度の高い、ジメッとした日が続いていますね。夏直前のこの時期、我が家ではさまざまなものを漬け込みます。

 

今年は梅・らっきょう・山椒と、旬のものを新鮮なうちに漬け込みました。仕上がり時期はまちまちですが、いちばん最初に出来上がるのは「はちみつ山椒醤油」と「はちみつ山椒味噌」。生のまま漬け込むので、仕上がりは2~3週間です。山椒は佃煮も作りました。この山椒シリーズ、我が家には欠かせない薬味となっています。

 

お肉料理にもお魚料理にも合い、冷奴やサラダにふりかけたり、白いご飯のお供にも何にでも合います。お料理の幅が広がりつつ、美味しく、健康維持につながる、なんとも嬉しいもの。なので今回は、その効果とレシピをご紹介いたします。

 

まず山椒には多くの栄養成分が含まれています。ビタミンA、ビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンEなどのビタミン類、カリウムやカルシウム、リン、セレン、マグネシウム、鉄などのミネラル、また山椒の豊かな香りと辛味を出すサンショオールやサンショアミド、ジテルペンやシトラール、ゲランオールなど。あの小さなひと粒に、さまざまな栄養が詰まっているのです。

 

さらにはちみつと合わせることで成分が引き出されやすくなり、甘味はそれほどつかずになんともまろやかな旨味に。毎食少量ずついただくことで、これからの時期の夏バテ防止や食欲不振、むくみ防止などにも効果的です。ぜひ、お試しください!

 

【はちみつ山椒醤油】

 

《材料》

山椒の実 適量

にんにく 5片

干し椎茸 適量

醤油   適量

はちみつ 適量

 

《作り方》

(1)山椒の実を房から外す

(2)水に入れてごみ等を洗い流す

(3)塩を加えたお湯が沸騰したら山椒を入れて、10分程茹でる

(4)ザルにあけ冷水に浸しアク抜きをする(お好みで10分~30分)

(5)アク抜きが終わったらキッチンペーパーで水分を拭き取る

(6)保存瓶に山椒とにんにく(スライス)はちみつと干し椎茸を入る

(7)醤油を入れて完成

(8)冷蔵庫で2~3週間

 

【はちみつ山椒味噌】

 

《材料》

山椒の実 200g

白味噌  300g

はちみつ 適量

 

《作り方》

(1)味噌に小さじ1杯のはちみつを混ぜる

(2)煮沸した瓶に白味噌を10センチほどの高さまで入れる

(3)山椒の実(下処理済み)を5センチほどの高さまで入れる

(4)白味噌を10センチ程の高さまで入れる

(5)山椒の実(下処理済み)を5センチ程の高さまで入れる

(5)白味噌を10センチほどの高さまで入れ完成

(6)冷暗所で2週間~3週間置く

関連タグ: