『バーンロムサイ』は両親をエイズで亡くし、自分たちもHIVに母子感染した孤児たちの生活施設です。
ジョルジオ・アルマーニ・ジャパン社の資金協力を得て、
1999年12月にタイ北部のチェンマイ市郊外に開設されました。

代表者は日本人の名取美和さん。
現在、タイ人スタッフ、日本人スタッフ、孤児たち30人で『家族』同様に生活しています。
当初は運営費を寄付だけで得てきましたが、
少しでも自分たちで得よう…との思いで始まったのが『アンダーザ・ツリー展』です。

2002年より年に一度、日本で開催されています。

開園10年を迎えた2009年(12月18日~26日)は『アンダーザツリー・ハート・マーケット』と銘打ち、
バーンロムサイの子供たちが製作した品々や衣類等のオリジナルプロダクツ、タイで買いつけた商品が販売されました。

今週は『アンダー・ザ・ツリー』展の模様と、バーンロムサイ、そして子供たちについて話をうかがってきたので
そちらの模様をお届けします。

(アンダーザツリー展で販売されていたもの・一部紹介♪)

image
(タイの米袋を使ったリサイクルバッグやシューズケース、ポーチバッグ)

image
(子供たちが描いたイラスト入りのマグカップ)

image
(デザイン性にすぐれ質がよいのが特徴)

image
image
(会場では開園10周年を迎え子どもたちの成長を写真パネルとVTRで報告)

最終日に足を運んだところ老若男女いろんな人たちがショッピングを楽しんでいました。
どの商品もデザインがよくポップで『欲しい!』と思うものばかり!
あとで聞いたところスタッフさんたちの綿密な打ち合わせで商品はつくられているそうです。

ちなみに敷地内にはゲストハウスもあり、2004年~オープン。
映画『プール』の撮影現場としても使用されました。

マーケットで販売されたものはネットショップで購入することもできます。
気になった商品などがあったらこちらを見てくださいね♪
次回はスタッフの方に聞いた30人の子供たちのお話をご紹介します。

http://www.banromsai.jp/(バーンロムサイ)
http://shop.banromsai.jp/(ネットショップ)