タイへ旅行へ行ってレストランに飽きた人がつぎに目指すのは『屋台』。
そして屋台へ行くと必ず用意されているのがこの調味料セット。
今回はこれの説明をいたしまぁーす。

<タイ料理の基本調味料4点セット>
調味料セットは基本的に『麺料理』に使います。

出された料理に調味料をドバドバ投入するのは料理人への冒とく…と私たち日本人は考えがちですが、
タイ料理は『自分好みの味つけに仕上げる』ことが前提の料理です。
特に麺類はかなり薄味で出てきますので調味料を使ってみてください。

日本のタイレストランはそういう日本人の気持ちを知ってか味つけが濃くなっているところもあります。
なのでお店によってはこの調味料セットを出さないところもあります。

そんなときは、『調味料くださーい!』と声をかけてくださいね。

基本調味料セットを使わずしてタイ料理を語るべからず!? それくらい基本中の基本なのです。
さて、前おきが長くなりましたが本題へ。

image

右からうしろへ
・プリック・ナムソム(トウガラシ入り酢)― 赤唐辛子を薄切りにしてものを酢にいれたもの。
・プリック・ポン(粉トウガラシ) ―唐辛子を粉上にしたもの。
・プリック・ナンプラー(トウガラシ入りナンプラー)―赤唐辛子を薄切りにして、ナンプラー(魚醤)にいれたもの。。
・砂糖 (ナムターン)―グラニュー糖です。

麺類に『砂糖』? とお思いの方もいると思いますがこれがまた魔法の味に変えてしまう優れモノ。
スプーンに少しだけ砂糖を乗せて麺へ投入してみてください。
味に深みが増すんです!! 本当ですってば!!! ぜひお試しをっ。

タイ風焼きそば(パッタイ)や太麺のあんかけ(ラートナー)など汁なしの麺類にもぜひ。
麺類全般に『砂糖』は使えます。
(と思って近くのタイレストランへ行ったらなぜか『砂糖』だけがないっ!! 
すぐに持ってきてもらいました。基本中の基本なのに『砂糖』がないなんて信じられなーい!)

ご飯ものにもこの調味料セットは使えます(おかず系には使いません)。

さりげなくこのセットを使いこなせば一目置かれるに違いありませんよ♪

 

 

関連タグ: