現在、「またしても」何やら起きているタイ王国。
減少していた観光客が戻るんじゃなの? なんて思っていた矢先の「またしても」…。
旅行先リストから外した人たちも多いんじゃないですかねぇ…。

そんな『タイに行きたいけど行けない…』ときに懐かしむ料理ってなんですか?
記者は米からできた「クイッティアオ」です。

image

タイでは屋台で気軽に食べられる「クィッティアオ」。
太・中・細麺と3種類あります。
(日本のレストランだとリクエストしないかぎり真ん中の太さの麺が出てきます。
こだわりがあるならどんどんリクエストしましょう!)

スープがすごくあっさりしていて、
2日酔いや食欲がないときにスルスルと食べられます。

ちなみに飲酒後の「クィッティアオ」は格別。
日本でいう「お酒のあとのラーメン」的な役割というか。
ラーメンより胃に残らない感じも良し。

んー、食べたくなってきました(笑)。

タイ式では音を立てずに麺を口へ運び、もぐもぐと味を楽しみます。
(麺を音を立ててすするのはタイではあまり品のよい行為ではありません)

お好みでナンプラーや砂糖やお酢や唐辛子を投入。
自分の味をつくりあげてください! それが「クィッティアオ」の醍醐味!

image
(何度も登場させてますが、麺料理には不可欠です!!)

タイを懐かしむ…、
または新しいタイ料理を開拓したい…。

そんなときに「クィッティアオ」をぜひオーダーしてみてください!!
(早くいつものタイに戻りますように。ポソ)