すでに報道されているように反政府運動の幹部は抗議デモの解散を発表しました。
しかし未だ抗議デモが起きています。

以下が現地の情報です。

●バンコクは5月21日まで休日とタイ政府発表

●非常事態宣言- 以下の23県にも発令。
 チョンブリ、ノンタブリ、サムットプラカーン、パトゥムタニ、アユタヤ、コンケーン、ウドンタニ、チャイヤプーム、
 ナコンラチャシマ、シーサケート、チェンマイ、チェンライ、ナーン、ランパーン、ナコンサワン、ナコンパトム、
 ウボンラチャタニ、マハサラカーム、ロイエッド、ノンボアランプー、サコンナコーン、カラシン、ムックダハーン

●空港から市内または市内から空港へ向かう際、検問所でパスポートの提出を求められることがある場合、
速やかに協力するよう呼びかけている。

<引き続き抗議デモが起こっています。バンコクの下記エリアには近づかないようにしてください>

- パヤータイ通り、ペッブリー通り、ウィッタユ(ワイヤレス)通り、ラーマ4世通りに囲まれたエリア
- ラチャプラソン地区
  –プルーンチット交差点からラチャプラソン交差点までのプルーンチット通り
  –ウィッタユ~サリシン交差点からプルーンチット交差点までのウィッタユ通り(ワイヤレス通り)
  –ラチャプラソン交差点からパトゥムワン交差点までのラマ1世通り
  –ボンカイ交差点
  –サラデーン交差点からプラトゥーナム交差点までのラチャダムリ世通り
- ルンピニ公園
  –チュラロンコーン病院
- パトゥムワン交差点からチャロンポーン通り
ー プラトゥーナム交差点からマッカサン通り
ー パヤタイ通り、ペッブリー通り、ワイヤレス通り
  –上記エリア、道路についてはすべての交通が遮断されている。ラーマ4世通りについては、検問があり、限られたアクセスのみ許可されている。
ー ラーマ4世通り
  –5月14日(金)以降、サラデーンからクロントイまでの歩道も含め通行禁止
ー ラチャプラロップ通り
ー ディンデーン交差点
ー ボンカイ高速道路出口
- 戦勝記念塔
- ソイランナム
*- サムヤーン
*- アソーク・スクムビット交差点

● バンコクの公共バスは全線運行中止
● BTS シーロム、スクンビット両線とも全線運行休止中。
  5月20日も運行休止継続。

<各種ホットライン&コールセンターにて旅行者への問い合わせに対応>
・タイ王国外務省24時間オペレーションセンター(外国人用):
 +66(0)2575-1023、+66(0)-2981-7225、+66-88-022-1540、
 +66-88-022-1541
・TATコールセンター(24時間対応):1672
・ツーリストポリス(24時間対応):1155
・タイ国際航空:+66(0)2356-1111
・スワンナプーム国際空港:+66(0)2132-1888
・BTS: +66(0)2-617-7300

<情報収集はこちらで>
タイ情勢については http://www.tourismthailand.org/thailandtourismupdate/
タイ王国外務省 http://www.mfa.go.th/web/2630.php
日本国外務省海外安全ホームページ http://www.pubanzen.mofa.go.jp/
日本国外務省渡航情報(スポット) http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2010C146

**************************

昨日はバンコク市内の巨大ショッピングセンター『セントラル・ワールド』が放火されました。
ツーリストは当然のこと、在住外国人、タイ国民の誰もが一度は必ず足を運ぶであろう場所です。

在住日本人ならば『伊勢丹』があるので買い物によく行くし、
タイ人ならばおしゃれなデートスポット・レジャー施設として知られています。

改装まえは『ワールド・トレード・センター』という名前で愛されていました。
セントラル・ワールドから立ち上がる黒煙を見て、9.11のテロを思い出しました。

これからもっとタイという国がよくなるために、
このバンコクのシンボルともいえるショッピングセンターがなくなったと願いたいです。