バンコクに続々と増え続ける日本食レストラン。
『大戸屋』『COCO壱カレー』『桂花ラーメン』などなど、
日本に住んでいるときよりも気軽に行きたいお店へ行くことができます。

そしてモス・バーガーも数年まえに登場。

バンコクの巨大ショッピングセンター、
『サイアム・パラゴン』『セントラル・ワールド・プラザ』などに出店しています。

日本食ブームが続いているからか、
新しいもの好き? いえ、流行に敏感なタイの人たちにも大人気!

image

メニューは(たぶん)日本のものとさほど違いはないと思うのですが、
タイオリジナルメニューがあるんです。



は、

『タコカツ・ライスバーガー』!!
タコのカツ、ライスバーガーです(って、説明になっていない)。

空腹と疲労のあまり『トンカツライスバーガー』と感違いしてオーダーしたら、
それが『タコカツ』で、
たまたまあとで聞いてみたら『タイオリジナルメニュー』だった。

という、出会いべくして出会った一品です! オイ

日本でも近畿地区限定メニューとして登場したことがありますが、
オリジナルはタイなんです。逆輸入ですね。

image

見た目はこんな感じ。
ガブリとかじるとクリームソースのような小麦粉のような歯ざわりのものがはいっており、
ときおり歯ごたえのあるタコがはいっている…、という、
たこ焼きを衣で揚げてライスバーガーに挟んだ感じ?

トンカツとばかり思っていたので面食らいましたが、
『タコカツ』だと思って食べればそれなりの満足感がありそうです。
ソースにライスがあうかどうかはその人の味覚しだいといった感じで。

セットで119バーツ(約360円)。
日本よりも格安ですがタイの物価からすると少々リッチな食べ物になります。

ほかにもタイオリジナルにホット照り焼きチキンバーガーなどがありますよ。
今度はこれらにチャレンジしてみたいです。

タイへ行ったらモス・バーガーのオリジナルメニュー、
ぜひぜひ挑戦してみてくださいね!
(こちらもタイオリジナル)
image

 

関連タグ: