開業当時はそうでなかったもののどんどん利用者が増えていったBTS(バンコクスカイトレイン)。
今や、バンコク都民とツーリストに欠かせない『足』となりましたね。

全面広告ラッピング車両が日本人にはとっても新鮮。
その画像は……ありません! スイマセン ドコカヘ イッチャッター。

で、スクムウィット線&シーロム線と延長部分の工事がかなり前からなされていて、
09年にシーロム線は延長工事が済み開業していたのですが、
スクムウィット線のほう、11年8月にやっと開業すると言われています。

タイの母の日『8月12日正式開業(予定)』。
ここ、大事です『予定』。
予定であって決定ではありません。

すでに試験運行が行われていて何事もなければ8月12日より運行を開始し、
延長部分のオンヌット―べーリン間は12年1月1日まで『運賃無料』とのこと! フリーフリー!

ちなみに新たにオープンする駅は
バーンジャーク駅、プンナウィッティ駅、ウドムスック駅、バーンナー駅、ベーリン駅の5駅。

ワタクシメ的にはタイシルクで有名な『ジムトンプソン』のセールが
『バンナー駅』近くの『BITEC国際会議場』で行われていた(る)のですごく便利になるなぁという感想。

ルンピニーにあったナイトバザールの移転先もプンナウィッティ駅近くなので
これでツーリストの旅行の楽しみ方が広がりそうですね。

うーん、やっぱりこうやってタイのことを書いていると行きたくなりますねー。

では次回♪

関連タグ: