気がつけば6月の半ば。

毎月上旬、その月のタイの気候やら行事やらをここに書いておりますが、
中旬になっていたので今月は書きません。すまそです。

タイの6月はとりあえず雨季ということで雨がざんざん降る!
ということだけ書いておきましょう。

日本も梅雨でじめじめじとじとしておりますが、
昨年あたりからオシャンティなレインブーツが出てきているようで街行く女性の足元に
目が行ってしまいます。いろんなデザインのレインブーツがあるんだなぁと。
あれって蒸れないんでしょうか? 蒸れないならば購入を検討してみたひ。

タイのバンコクあたりでも流行ったりして!?
気分が落ち気味になる日本の梅雨ですが、レインブーツや傘でおしゃれをして、
気を紛らわせたいですね。

さ・て!!
時事ドットコムで目にしたビッグニュースをお届けします!

【タイ、マレーシアはビザ免除=訪日旅行者増へ行動計画-政府】
政府は11日、首相官邸で観光立国推進閣僚会議を開き、
訪日外国人旅行者を増やすための行動計画をまとめた。

タイとマレーシアからの旅行者に関しては、今夏までにビザを免除する方針を明記した。
ベトナムとフィリピンについては、有効期間内であれば何度でも日本に入国できる
「数次ビザ」を発給する。
インドネシアも数次ビザの滞在期間を延長する。

日中関係の悪化で中国人観光客が減少した経験を踏まえ、
多様な国・地域から安定的に旅行者を呼び込むため、
好調な東南アジアの旅行需要取り込みを図る。行動計画には、富裕層を念頭に、
一定要件を満たした外国人が長期滞在できる制度の導入も盛り込んだ。
出入国手続きの迅速化や、外国人旅行者向けの消費税免税制度の対象品目見直しも検討する。
(6月11日時事ドットコムより)

タイの人が日本へ来るにはこれまでビザが必要でした。
しかしそのビザは大使館へ行って手続きをすればサクっともらえるようなものではなく、
ざっくりと言ってしまえば、夜系のお仕事等をされているタイの人にとって
日本行きのビザを取得するのは超至難の業でした。

法にふれない程度の涙ぐましい努力で、
ブルーカラーのタイの人を連れてくる日本人男(女)性を知っているので、
これは超ウルトラミラクル的な出来事かと思います。

日本人がノービザでタイに滞在できるのは29泊30日までとなっていますが
(それ以降はビザが必要)、
タイ長期滞在日本人(労働許可証を持っていない人)も、
ビザを取得するルールがころころ変わり、ふりまわされている感があります。
こちらも改善される可能性があるのでしょうか。

ワタクシメも、ビザの壁に何度もぶちあたり、
マレーシアのペナン島へビザランに何度も行った記憶があります。
行きつけの飲茶レストランができたほど(笑)。

ま、何事もやってみないとわからないので、
ビザ免除によって日本経済に大きな効果が出るといいなぁなんて。

では毎度トートツですが今回はここまで!

image
夏はすっぱ辛い『ヤムウンセン』がおすすめ!