image

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(68)が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「私はケーキを食べるときに牛乳が欲しくなるのですが、喫茶店のメニューには牛乳がないことが多いです。どうしたらいいでしょうか?」(クマオさん・38・フリーター・神奈川県)

 

【A】「牛乳なんてこの世になくてもいい」(蛭子能収)

 

たしかに、喫茶店のメニューに牛乳はない気がしますね。腐りやすいからですか。もし牛乳を買って、店に持っていったら怒られるんですかね……。だったら、ケーキを買って、家で食うしかありませんよ。でも、喫茶店で食べたいんでしょうね。どうしたらいいだろう。

 

クマオさんはフリーターをしているなら、アルバイトしたお金で、自分で店を作ればいいんですよ。砂糖がはいっているとか、いろんな牛乳が楽しめる「牛乳が飲める喫茶店」という名前で。へへへ……。

 

でも、そんな喫茶店には行きたくないですね。というか、オレは人生で1回も牛乳を飲んだことがないんです。小さいときに口をつけたくらいはあるかもしれませんが、甘くないので、それ以来、一度も飲んでいません。給食に出たけど、一切手をつけませんでした。飲むことを強制されたことも、それで怒られたこともありませんね。牛乳なんて、この世になくてもいいんです。カルシウムは、コーヒー牛乳で取ればいいんですよ。

【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】

image

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。

詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB