image

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(68)が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「私は先生と同じく漫画家でした。が、現在は描くのをやめました。うつ病&アルコール依存+拒食症で、入院もしましたが治りません。先生の自由な生き方に憧れています。ど〜したらいいですか?」(チーママさん・42・アルバイト・千葉県)

 

【A】「自由を望みながらも不自由。人生なんてそんなもの」(蛭子能収)

 

なんで漫画家をやめたんでしょうね。漫画家は何かにしがみついてでも続けることが必要です。この人は少し粘りがないというか、漫画家に固執することはできなかったんでしょうかね。漫画を描いていると、担当の編集者から批判されたり、描き直しさせられたりすることも。それが嫌で描くことをやめた人もいます。でも、オレは編集者から『こうしたらどうでしょう?』と言われたら、その意見を聞いて直します。漫画家は人の考えを聞くことが重要だし、編集者から金をもらっているからです。

 

そもそもオレは自由に生きていませんよ。オレの場合、自由になるためには、金が絶対に必要です。金だけが唯一、自由にしてくれるんです。でも、それを稼ぐためには不自由なことの繰り返しです。仕事なんて、自分の思いどおりにいくものはなくて、嫌だ、嫌だと言いながらやるもの。それに仕事だけじゃなくて、人に縛られて生きているし、女房にもコントロールされています。自由になりたいと思いながら不自由。それでいいんです。

【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】

image

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。

詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB