image

電力会社との契約をせず、電力完全自給生活を土台としたこのオフグリッド生活を始めて一年半が経ちました。それまで電氣を使うことに対して感じていた罪悪感から解放され、むしろ喜びや幸せなきもちと共にある暮らし。この感覚を味わうと、次はガスへの疑問が自然とわいてきます。天然ガスも大切な地球の地下資源。そこで、昨年4月からソーラークッカーを使って、ガスではなく太陽で調理する暮らしにチェンジ!

image

image

寺田鉄工所さんの「エコ作500」を使ってお料理をつくるようになったら、ガス代が4500円から3000円に下がって、ガスとのプチオフグリッドに成功♪電氣代ガス代ゼロ円で、地球を苦しめる有害なガスも出さず、どんな食材を使ってもなぜか美味しくできてしまうエコ作くん。今年1月には『女性自身』の紙面で、このお日さま料理生活を取り上げていただき、レシピ8品を紹介していただきました♪しかも、エコ作が3名の方に読者プレゼントされるという思い切った企画でした!

image

もともとこのエコ作は、寺田鉄工所がつくられている太陽熱温水器の仕組みを利用したもの。二重のガラス真空管に太陽光が当たることで、中のお水が温められてお湯になり、それをお風呂やキッチンに使います。つまり太陽熱温水器とは、電氣もガスも利用せずに、太陽の力だけでつくったお湯をお家で利用できるものです。エコ作でのお日さま料理があまりにも美味しく楽しく幸せなので、いよいよ太陽熱温水器を導入して、お日さまお風呂に入ることが大きな夢となって膨らんできました。これができたら、いよいよガスとのオフグリッドが現実化します!

そんな想いを抱きながら過ごしていた3月の初めごろに、寺田鉄工所から一通のご案内が送られてきました。東京ビッグサイトで行われる介護施設用品の展示会にブース出展するので、来場を希望する場合は招待状を送りますという内容でした。これは実際に太陽熱温水器をこの目で見られるチャンス!そして、愛してやまないエコ作くんの生みの親である寺田鉄工所ソーラー事業部に直接お会いできるチャンス!これは行くしかないということで、先日訪問してきました。

image

太陽熱温水器はエネルギー変換率が高い!

自己紹介したところ、ご担当者さんが「え!え!え!あのサトウチカさんですか?!まさかご本人にお会いできるとは!エコ作を紹介してくださったおかげで、大きな反響をいただいます!本当にありがとうございます!」と、お互い会えたことを喜び合いました。掲載以来、エコ作が売れるに売れ、いままでは一ヶ月に4~5本の売り上げだったの対して、いまは220本も売れているそうです!幸せの循環が起きていることを目の当たりにして、わたしもとても嬉しくなりました♪

いよいよ太陽熱温水器の導入に踏み切りたいことをお伝えして、その仕組みや導入方法を丁寧に教えていただきました。わたしたちが検討しているのは「SUNTOP(サントップ)」という商品で、2011年エコプロダクツ大賞エコプロダクツ部門経済産業大臣賞受賞を受賞した誉れ高いものです。

image

エコ作の原理とは異なりガラス管内には直接水を入れず、管内にある〝ヒートパイプ〟と呼ばれる金属集熱体がタンク内の水と熱交換することで温水をつくり出すメカニズムです。従来の管内に水を通して温める方式ですと、落水という重力を利用するために給湯器へ直結できなかったのですが、この「SUNTOP」はタンク内のみに圧力をかけて運転するので、ガス給湯器への接続ができて使いやすい特徴があります。電氣を使わず、ランニングコストもかからず、本体価格のお値段も36万円なので、今後ガス代を大幅に削減できるとなると、とても魅力的です!

太陽熱は太陽光に比べてエネルギー変換率が約3倍も高いそうです。太陽光発電のエネルギー変換率が10~15%に対して、太陽熱温水器はなんと50~60%!少ない設置面積で大きな効果を得ることができます。家の中のエネルギーは、電氣(照明や掃除機など)が3割で、熱(調理、給湯、暖房など)が7割だと一般的に言われています。つまり、本来わたしたちが本当に必要な電氣はたった3割であるにも関わらず、電氣で調理をしたり暖をとったりして熱をつくるために、非効率なエネルギーの使い方をしているわけです。

寺田鉄工所の代表取締役社長の寺田雅一さんともお会いでき、貴重なお話を聴かせていただいたのですが、太陽熱の持っている可能性は計り知れないと実感しました。この高いエネルギー変換率を利用すると、家の中の暖房、冷蔵、除湿などが可能で、実際に導入されているところもあるそうです。それは、風の出ない電氣のいらない冷暖房設備で、時代の先を行っています。311以降、エネルギーを電氣に頼っていいのか疑問に思われたとのことで、太陽熱をうまく使えば原発がいらなくなると仰っていたことが印象的でした。電氣でエネルギーを得る時代はもう古いのかもしれませんね!

寺田さんは環境問題を解決できる商品開発への意欲に漲っていらっしゃり、とても快活で親しみやすい魅力的なお人柄の社長さんでした。先進的な試みに果敢にチャレンジしている素晴らしい会社が日本にあることに大きな希望を感じると同時に、このような会社を応援したいと心から思います。そんな寺田鉄工所の太陽熱温水器が、いよいよサトウさんちに導入される日も近くなってきました。ガスとのオフグリッドに向けてエンジン全開です!

最後に、社長の寺田雅一さん(左)と、ソーラー事業部の小田成晃さん(右から二番目)と一緒に記念撮影をして、今後とも宜しくお願いいたしますとお互い握手をしあって、佳き未来への種蒔きが完了!このご縁がこれから佳き稲穂を実らせ、日本の希望溢れる社会へと繋がっていくことがとても楽しみです♪

image