同じ年齢や年齢が近い人とお付き合いするのは、共通点が多くあって、気楽で楽しいものですね。昔、流行っていた歌やファッションなど、共有できるような思い出がありますから、オシャベリしていても盛り上がるし、考え方やセンスなど何かと一致します。私ももちろん、そうした学生時代の同級生など、同年代の友人との交際は楽しく、とても大切にしています。たわいないオシャベリをするだけで良い気分転換になり、疲れが吹き飛ぶのですよね。

とはいっても、同年代との交際ばかりに偏るのは良くないと思っています。私は自分の視野や考え方、世界を広げる意味でも、なるべく年齢差のある方ともお付き合いするように心がけています。下は幼稚園生くらいの子供から、上はかなりの高齢の方までね。それがとっても良い刺激になるのです。いろいろな年代の方から、ほんとに多くのことを教えられていますが、年を取れば取るほど、ずっと年下の若い方たちとオシャベリする機会を持つことが大切だとも思っています。それがエネルギーの素にもなって、精神的に若くいられるからです。

私はときどき、20歳~30歳も年下の方たちとオシャベリするのですが、これがまた楽しく、気持ちがとても華やぐのですよね。オシャベリしている間は、幸い自分の姿は見えませんから、自分自身もすっかり若いつもりになっているのね。話しの内容には目からウロコのこともあって、それが良いヒントになることも多いのです。でもなかには、「年を取ってから若い人とお付き合いするのは気が引けて……」とおっしゃる方があると思いますが、そういう意味で引っ込み思案にならないほうがいいですよ。ずっと年下の人たちと積極的にオシャベリすることが、視野を広げ、柔軟な考えを保つだけでなく、幸運にもつながると確信しています。