露出度の高い派手な衣装を身にまとい、くねくねと体をくねらせるセクシーな踊りという印象の「ベリーダンス」だが、女子でもうっとりしちゃう衣装の美しさがある。
わたしも踊ってみたい気持ちはありつつ、豊満なベリーダンサーばかりを見かけるため、貧弱ボディを気にして勇気が出なかった。
でも貧弱ボディも踊りたい!意を決して、ベリーダンスに挑戦する。

 

image

間は、広い世界のほんの一部で生きている。

全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ……!

 

ベリーダンスはアラブより伝わったダンス。
日本で根付いたセクシーなイメージと裏腹に、本来は儀式のための巫女たちの踊りだったと言われている。
エスニックでエキゾチックな雰囲気が人気で、ショータイムがあるトルコ料理屋なんかもある。
わたしはプロのベリーダンサーでもあるSachie先生の元へと伺った。

笑顔で迎えてくれるSachie先生。
単刀直入に「胸がなくても踊れますか!?」と聞くと、「できます!」と断言してくれた。
「鍛えてるうちにくびれが出来たりして、グラマーになっていくこともあります。全然気にしなくていいですよ!むっちりしてても大丈夫だし、逆に細くても大丈夫。気にせずお腹を出してください!」
なんて勇気をもらえるお言葉……!
さっそく特別にお貸しいただいたレッスン着に着替えてみた。

 

 

腹部を大きく露出して、スリットの入ったヒラヒラのスカートを履き、腰にコインを巻く。
これがベリーダンス……!!!
さっきまでの不安は忘れ、かわいいレッスン着に大興奮。
レッスン着と聞いてイメージするのはTシャツとジャージくらいだったが、世にはこんなにかわいいレッスン着があったなんて……。
自分の体型に対して思うことはいろいろあるものの、かわいい衣装は全てを忘れさせてくれた。

 

「じゃあちょっと踊ってみましょうか」
基本の動きについてレクチャーを受ける。

 

 

手は胸の位置でキープ。
そこから優雅に上げたり下ろしたり、手を動かしながら一歩ずつ歩んだり、ゆったりした動きが多い。
いかに指先までしなやかに美しく見せるかがポイントのようだ。

 

 

キメは足を上下させて腰を動かすことで、コインをシャンシャンと鳴らす。

 

いくつかの動きを学んだあと、音楽に合わせてやってみると混乱しつつも楽しい。
中東の美女気分で、頭から足先まで美しい気持ちになりきって情感たっぷりに浸れるのがまたいい。

 

ベリーダンスの中には、「美しくなりたい」という気持ちが喚起させられるところが多々あった。
露出度の高い衣装が似合うような体になりたい、綺麗に見せれるように所作を美しくしていきたい、背筋を伸ばしたい、意識を変えるヒントがたくさん詰まっている。

 

何かに挑戦するとき「誰かに笑われるのでは」と不安に思ってしまうこともあるが、実は「自分が可愛いと思えること」「好きと思えること」が一番大事だったりする。
誰かの評価を恐れて挑戦するのを怖がるのではなくて、イイと思ったら試してみて、もっとイイと思えるように自分を変えていく方がいい。
Sachie先生のスクールに通う生徒たちも、「健康になりたい」「キレイになりたい」という理由から通う人が多いそうだ。

 

 

中には「孫がやっているのを見て気になって」と始めた70代の方もいたそう。
基本的にソロの踊りだから、自分のレベルにあった動きができるのもよいところ。
そんなベリーダンスだからこそ、一時のブームではなくてダンスの1ジャンルとして確立してきているのかもしれない。

衣装がカワイイから着てみたいとか、キレイな体型になりたいとか、そんなちょっとした願望で行動できることが未来の自分を作っていくのかもしれない。

 

 

自分の体型に自信がなくても、ベリーダンスはできる!何にでも挑める!
ベリーダンスを継続していけば体型を変えることができるかもしれないし、自分のことをもっと愛せるようになるかもしれない。
そこには自分の可能性を広げる体験があった。

 

「インフィニティー☆ダンススクール」
http://www.dance.cat/

 

大阪の天王寺・東心斎橋・本町などでレッスンを行う。
TEL:0800-600-7838
受付時間:平日11~21時

 

<写真1枚目>

Sachie先生がダンスをするレストラン「ナザール心斎橋本店」

大阪市中央区東心斎橋1-16-13 マツムラビル2階(ヨーロッパ通り)

TEL:06-6282-img.jisin.jp/