「ダイエット成功の秘訣は続けること」。ではダイエットを続けるために必要な2つの要素とは?

「ダイエット成功の秘訣はやるべきことを続けること。でも、それが難しいからほとんどの人はダイエットに失敗してしまっています。でも、続けるための必要な2つの要素をクリアすれば、誰でもダイエットはうまくいくんです」

 

6月に入り、夏も間近に迫ってきた。誰もがカッコいいボディラインを求め、自分のカラダのたるみが気になるこの時期。ダイエット情報はあふれているが、どれを実行すればいいかわからない……そんな人向けにダイエット必勝法を教えてくれるのは、小顔矯正サロンQpu代表取締役社長であり、パーソナルトレーナーの猪瀬悠希さん。

 

話題のテレビドラマの主演女優からファッション雑誌の表紙を飾る人気モデルなど、日本中の美の象徴たちが自身の美しさを保ち、さらなる輝きを求めて彼を頼る。ダイエットに有益な情報が掲載される猪瀬さんのTwitterは、フォロワーが8万人を超え、ためになるダイエット動画の投稿は再生数があっという間に100万回を数えるものも少なくない。今、まさに予約の取れないゴッドハンドとして、日本中の女性たちの注目を集める存在だ。

 

そんな猪瀬さんがダイエット成功の秘訣として教えてくれたのは「続けること」。しかし、それこそがダイエットの最大の難関であることを多くの人が身をもって知っている。そのことを問うと、猪瀬さんは継続するための2つのポイントを教えてくれた。

 

「ダイエットを継続し、希望のボディメイクを実現するために、まずは『明確な目標を設定する』ことです。そして、『自分を客観的に分析し、自分を知る』こと。この2つができれば、ダイエットの成功の確率はぐっと上がります」

 

ダイエットを始めようとしても、ほとんどの人は「なんとなく痩せたい」とか「キレイに見られたい」という漠然とした目標しか立てないため、つらいダイエットを続けることができずに失敗してしまうと猪瀬さんは言う。

「例えば、絶対に達成しなければいけない状況に自分を追い込む。ブライダルのためのダイエットが成功しやすいのは、一生に一度の晴れ舞台でキレイなお嫁さんとしてみんなの前に出たいという強い目標があるから。だから、『いつまでにダイエットを成功させる!』と周囲に事前に宣言してしまうのも1つです。できなかったらカッコ悪いので、何がなんでもダイエットを成功させようという意思が芽生える」

 

また、ダイエット成功のためのもう1つのカギである「自己分析」とは、ダイエットの具体的な目標設定や日々の食事管理などに必須の要素だと猪瀬さんは語る。

 

「今の自分はどんな状態なのか? 自分が掲げる目標のために、どのくらい痩せなければいけないのか? など、今の自分を詳細に分析し、自分の現状を把握した上で目標達成のための詳細なプランニングを立てる。そこまで徹底しなければ、ダイエットはなかなか成功しません。例えば、毎日体重などの数値を計るのはもちろん、毎食の食事の内容やカロリーや、歩いた距離など運動の内容を細かくレコーディングする。客観的数値があれば自己分析も正確になり、また課題も見えやすくなる。誰もが当たり前と思うことだけれど、その当たり前のことを徹底できるかどうかが、ダイエット成功の大きなターニングポイントになるんです」

 

そう話す猪瀬さんは、今、ダイエット成功のための仕掛けをインスタグラムで行っているという。

 

「今年の2月からスタートしたのが『#いのレコ』プロジェクトです。これはインスタにハッシュタグをつけてみんなが食べた食事を投稿し合い、良い食事には『いいね!』を押しあうというもの。ダイエットに取り組む同士で自分の食事を見せ合うことで、食事管理に対してのモチベーションがあがり、また励まし合うことでやる気が持続する。これはかなり効果が高いみたいで、参加者も投稿もどんどん増えています。この取り組みには1つだけルールがあって、自身のアカウントではなく新たに別のアカウントを作ってもらい、そこで投稿してもらうというもの。これは素性を明かさず匿名ですることで、本音で投稿しやすくするためです。だから実際のダメな自分や失敗談も気軽に投稿できるし、お互いが気軽な気持ちでリアルな情報交換ができる点がポイントなんです」

 

この「#いのレコ」プロジェクトは参加者が激増し、現在は1万人を超える人が自身のダイエット情報を共有し合い、励まし合っているという。猪瀬さん発案のこのプロジェクトをきっかけにして、「このコミュニティからまた新たなダイエットのためのプロジェクトも立ち上がったりして、どんどんダイエットの輪が広がっているんです」という。

 

これまで数多くの芸能人やセレブリティの理想のカラダづくりをサポートしてきた猪瀬さん。今回、その豊富な経験と知識をもとに、運動が苦手な女性でも続けられる「夏までにキレイに痩せる」ための正しいセルフエクササイズを特別に伝授してもらった。

 

最初の『ニーアップサーキット』2回目の『プランク』に続いて、最後の3回目は『ブルガリアンスクワット』です。ヒップアップの効果絶大なので、ボディメイクの仕上げにぜひ挑戦してみてください」

 

カリスマトレーナー猪瀬さんが伝授してくれた3つの簡単エクササイズ。猪瀬さん曰く「ダイエット成功の秘訣は続けること」ということで、3つのエクササイズを毎日続けてみよう。夏はもう目前。カッコいいボディラインで夏を迎えよう。

 

夏までにキレイに痩せる!
3週目チャレンジ(3)<ブルガリアンスクワット>

「お尻の筋肉を鍛えるスクワット運動です。ポイントは股関節に体重を乗せる意識を持つこと。後ろ足はバランスを取るだけにして、股関節からの曲げ伸ばしを強く意識してエクササイズしましょう。軸足のヒザの曲げ伸ばしを意識すると、お尻の効果的なトレーニングにならないので注意してください。また、上半身を立てすぎると股関節を有効的に使えなくなるので、上体はお辞儀をするイメージで。あとは腰を下げた際、ヒザとつま先の方向が同じ向きになるように意識してください」(猪瀬さん)

 

1)イスなどの安定した台を用意する
2)台の前に立つ
3)右足を後ろに曲げ、つま先を台の上に乗せる

4)ギリギリまで腰をおとし、再びヒザを伸ばして立つ

5)この動作をゆっくりと呼吸を行いながら10回行う

 

(正面から見た様子)

6) 足を変え、同じように腰をおろす
7) この動作をゆっくりと呼吸を行いながら10回行う

8)左右順番に計3セット行う

 

<NGフォーム>

ヒザに負担がかかってしまうので、ヒザを内側に倒さないように注意
※ヒジとつま先の方向を同じにすることを意識する

 

【協力店舗】
パーソナルトレーニングジム《yoen》(ヨーエン)」
■住所:東京都港区北青山3-8-8 カーム青山301
■TEL:03-6433-5597

image

小顔矯正サロンQpu代表取締役社長であり、パーソナルトレーナーとしても活躍中の猪瀬悠希さんが開設したパーソナルトレーニングジム。

 

東京を中心に全国15店舗。6月にさらに1店舗オープン予定の小顔矯正サロンQpuの経営と並行して、『Qpu』ブランドによるダイエット商品のプロデュースも行う猪瀬さん。「ダイエットは体のあちこちの問題を解決しなければいけないのに対し、小顔矯正は顔に集中できるので専門技能を持つスタッフを育てやすいということもあり、まずは小顔矯正メインの事業に注力していました」

 

もともとのパーソナルトレーナーとしての活動を展開するため、4月1日、新たに表参道にパーソナルトレーニングジムをオープン。猪瀬さんの理論と経験をもとに、専門のトレーニングスタッフがその人に最適なトレーニング法と食事管理を指導することで、今までダイエットに失敗してきた人でも無理なく理想のカラダを手に入れられる点が特徴。

関連タグ: