話題のスポットに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、6月12日に1歳のお誕生日を迎えるシャンシャンに会ってきました!

 

以前記者がシャンシャン特集でお世話になったファンの方々から「自分の姿がガラスに反射するので写真を撮るなら黒っぽい服装で」「観覧終了時間ギリギリがねらい目」と貴重なアドバイスを受け、いざ上野動物園へ。

 

整理券方式から先着順に変わった初日とあって、午前中は「60分以上待ち」の看板の先に大行列が。うだるような暑さと割り込みしてくる人たちに圧倒されながら並んでいると、つい「仕事じゃなきゃできないな」とぼやきが漏れてしまいました。

 

しかし、観覧ブースに近づき、シャンシャンの姿が目に入ると「あーかわいい」と一気に幸せ気分に。間近で見るシャンシャンは、ゆったりとした仕草が何とも愛らしく、もふもふ感も半端ない!

 

うっとりするのもつかの間、係員さんに誘導され、しぶしぶ退散。まるでわが子と引き離されるくらいの寂しさがこみ上げてきます。でも、撮った写真を見ながらまたニヤニヤ。

 

ファンの方がTwitterで「シャンシャンセラピー」と書いていましたが、記者も日ごろのイライラが激減し、超癒されて口角も上がりっぱなし。気がつくと歩数計は1万歩を超えていて、洋服のウエストも少し緩くなっている気が……。恐るべきシャンシャン効果を感じたのでした。