話題のスポットに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。夏の風物詩といえばお化け屋敷。どの遊園地も趣向を凝らすなか、記者の目を引いたのは東京ジョイポリスの「妖屋敷〜大江戸百鬼夜行奇譚〜」。3D技術を駆使した和風テイストのホラーアトラクションなのだとか! さっそく行ってみました。

 

■東京都港区台場・東京ジョイポリス「妖屋敷〜大江戸百鬼夜行奇譚〜」

 

猛暑の中、お台場へ。東京ジョイポリスはデックス東京ビーチの3階から5階にある屋内遊園地なので、暑さが苦手な人に特におすすめ!

 

着物姿のスタッフから3Dメガネを受け取り着席。前と左右がスクリーンになっています。「浮世絵の中の妖」たちの世界がテーマなので、妖怪「ぬらりひょん」や「ろくろ首」がスクリーンに登場。

 

もちろん、ろくろ首は3Dなので目の前までびよよよ〜んと飛び出してきます。これを楽しみにしていたので、お化け屋敷なのになぜかひとりニヤける不気味な記者。

 

驚いたのは座席が回転し、上下に揺れたり、熱風が出てきたこと! 周りの人たちも感想を言い合いながら演出を楽しんでいました。

 

スタッフによると、本格的な怖さを重視するなら3Dサウンドホラーアトラクションの「生き人形の間 赫」がおすすめだそう。

 

また、従来の歩くスタイルのホラーアトラクション「ゾンビ収容所見学ツアー ZOMBIE ZOO〜ふれあいゾンビ祭〜」も今月からお目見えしています。

 

お化け屋敷ハシゴも楽しそう! と思った記者でした。