第188飯「鶏ごぼうご飯」

■材料

玄米   1.5合鶏もも肉 1本(骨付き・350g位)
塩    小さじ1/4
ごぼう  1本
セロリ  1本

 

<A>
醤油・ごま油 各大さじ1/2
めんつゆ   大さじ1(2倍濃縮)
※濃縮加減によってか増減して下さい。

酒・みりん 各小さじ1

 

■作り方

【1】鶏の骨の関節の所に包丁を入れ味を出しやすくする。包丁の背で骨を叩き何カ所か亀裂を入れると出汁がでやすい。塩をもみ込んでおく。

【2】フライパンに1の鶏を皮目だけ小麦色になるまで焼く。

【3】セロリは7~8mmにきる。大きい場合は半分にきる。ごぼうは皮を包丁の背でこそげ落としセロリと同じ厚さに輪切りにする。

【4】玄米をさっと洗い、炊飯器に入れる。Aの調味料を入れてから、玄米の1.5合の目盛りの所まで水を足しさっと混ぜ、セロリ、ごぼうを散らし最後に1の鶏肉を入れて玄米モードでたく。

【5】炊きあがったら一度鶏肉を取り出し、骨と肉に分け肉を炊飯器に戻し鶏をほぐし、きれいにさっくりと混ぜれば出来上がり。

 

【お知らせ】

辻仁成さんによる新連載の人生相談「悩めるマダムたちへ――JINSEIのスパイス!」がスタートしました。人生経験豊富な辻さんが、恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日頃の悩みにお答えします!。お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6『女性自身』編集部宛)にて絶賛募集中。性別と年齢、居住地を明記の上、お送りください。

関連タグ: