お見合いで嫉妬誘導?辻仁成の“結婚相談所”(JINSEIのスパイス!第14回)

【今週の悩めるマダム】

 

東京でバリバリ働く26歳の娘には、3年も付き合っている彼氏がいるのに結婚が見えません。彼は物腰も柔らかくいい子なんですが、押しが弱くて心配です。そうこうしているうちに姪の結婚が不意に決まって、お正月には親戚中の話題を独占。それが悔しくて悔しくて。娘の人生ですが、孫の顔が見たいのが本音です。(愛知県在住・50代主婦)

 

自分の娘の方がかわいいし、器量もいい。なのに、周囲の娘がどんどん結婚していき、姑さんあたりからも、「どうなってるの。お前がしっかりしないから」と小言を言われる。歯がゆくてしょうがないですね。娘のハンサムな旦那さんを親戚中に自慢したいのにできないその悔しさ、私にはよくわかります。

 

さて、その娘さんですが、しばらく結婚はしそうもないですね。理由がいくつかあります。いまどきの男の子って、焦ってないんですよ。彼はお宅に何度か遊びに来てるんですよね? そこに期待してはいけません。お母さんからすると家族ぐるみの仲、と思っていても、向こうは偵察くらいに考えています。というのか「長い人生だから急ぐことはない。答えは風が知っているさ」みたいな感じでしょうね(笑)。その証拠に、娘さんはバリバリ働いている。この娘さん自体、結婚というものをまだ理想の中でしか見ていない。実はこの2人、お互いどこかで「この人じゃないのかもしれない」という迷いがあるのかもしれません。よく観察してみてください。2人は仲良しでしょうけど、夫婦になりそうな強いイメージありますか? 結婚というのは「運命的な勢い」ですからね。当事者がのらりくらりやっているならゴールインは難しいでしょう。

 

姪っ子さんは不意に結婚されたんですよね? 授かり婚かもしれません。でも、そのくらいの勢い、つまり、運命に身を委ねるしかない時に婚期は動くんです。大事なことはまず娘さんが強く結婚をしたいかどうか。バリバリ働いているというのはまだもう少し猶予が欲しいと思っている節もありそうです。

 

あと、お見合いというのもひとつの手かと思います。「そんなの嫌よ」と娘さんに反対されるかもしれませんが、練りに練って、奥様が探しに探しぬいて間違いないと思った人と強引に引き合わせる、というのもあり。現在の彼氏がどう反応するかも見ものです。「母が勝手に探してきた相手とお見合いさせられるのよ」と娘さんに言われた彼氏の反応をこそ見てみたいです。そこで必死にならないなら、即切った方がいいし、がぜん結婚へ動き出したらそれはそれで素晴らしいことですし、どっちに転んでも問題ありません。

 

奥様、大至急お見合い相手を探してみましょう。きっと娘さんも相手次第で乗ってくるんじゃないかと思います。いまどきのお見合いは一昔前の厳格なお見合いとは違うようですよ。親が仕込んだ合コンに過ぎない。選択肢は多い方がいいし、一生は一度限り。チャレンジして、もっともいい条件の幸せをゲットさせてあげてください。このお見合い作戦が刺激となって、娘さんも、彼氏もなんらかのアクションを起こすこと間違いなし! でも、最後の最後は娘さんの意思を尊重してあげてくださいね。

 

【JINSEIの格言】

 

最後の最後は娘さんの意思を尊重してあげてくださいね。あくまでも結婚するのは彼女。奥様が出しゃばり過ぎてはいけません。彼女が納得した相手と生きるのがいちばんだからです。

 

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

関連カテゴリー:
関連タグ: