有村架純主演『コーヒーが冷めないうちに』に4回涙した
(C)2018映画『コーヒーが冷めないうちに』製作委員会

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今回はハンカチとティッシュが必要になるBlu-ray&DVDをご紹介します。おうちで心置きなく泣いてください!

 

■『コーヒーが冷めないうちに』Blu-ray&DVD3月8日発売。Blu-ray豪華版7,344円、通常版5,184円、DVD豪華版6,264円、通常版4,104円(価格はすべて税込み)

 

有村架純主演の映画『コーヒーが冷めないうちに』の原作は’17年の本屋大賞にノミネートされ、ベストセラーにもなった同名小説です。とある喫茶店のある席に座ると、望む時間に戻れるという都市伝説があり、常連たちは思い残した過去へ戻ります。ルールは淹れたコーヒーが冷めないうちに帰ってくること。

 

松重豊、薬師丸ひろ子、石田ゆり子、吉田羊、波瑠……と誰もが知る豪華キャストが顔をそろえ、オムニバス形式で進んでいきます。

 

それぞれの個性が光るしみじみとした演技に胸がじぃ~んとすること数回。現実は変わらないけれど、過去へ戻り思いを晴らすことで、みんなが前向きになっていく姿が描かれます。

 

記者のいちおしは、有村演じる数に惹かれていく常連客・新谷亮介役の伊藤健太郎。温厚な性格の新谷役がすごくはまっていて、あの大きな瞳で見つめられ優しくされたら、そりゃ数だって恋しちゃうだろうよと、やけに納得しました。これからますます活躍していく俳優さんだと確信。

 

4回泣けます、というキャッチコピーも大げさではない作品でした。心温まる物語なので、泣いたあとは不思議と心が浄化され、すっきりしていることでしょう。

関連カテゴリー: