劇場版『若おかみは小学生!』映像美が描く主人公の成長ぶり
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若女将は小学生!製作委員会

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今回は、子ども向けかもしれないけど意外に大人向けな内容かも? 劇場版『若おかみは小学生!』Blu-ray&DVDの紹介です。

 

■劇場版『若おかみは小学生!』Blu-ray&DVD 3月29日発売。通常版Blu-ray5,184円、DVD4,101円ほか(価格はすべて税込み)。発売・販売元/ギャガ

 

見る前に作品の情報を集めてみると、原作は累計発行部数300万部の人気児童文学シリーズで、テレビアニメ化もされているのだとか。

 

人気の理由を知るべく見始めると、まず、映像の美しさにうっとり。特に空と海の青さ、木々の緑に目を奪われました。というのにも理由があって、本作の監督兼作画監督の高坂希太郎氏は、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』などジブリ作品で作画監督を担当していたそう。これで納得です。

 

物語の主人公は、両親を事故で亡くした小学6年生のおっこ。おっこは祖母が経営する旅館の「春の屋」に引き取られ、旅館にすみついているユーレイや魔物たちに支えられながら成長していきます。祖母の厳しいおかみ指導は小学生にとってつらいのでは? と思いましたが、祖母はアメとムチを使い分け、おっこものみこみが早いこと。

 

このおっこの声を、有名子役だった小林星蘭ちゃんが担当。なんと公開時は13歳になっていました。これは声優としても活躍できそう、と思うほどのうまさです。

 

ユーレイ少年のウリ坊や美人占い師など、魅力的なキャラクターが次々と登場しぐいぐいと引き込まれる内容に、はっとさせられる映像美。大人も楽しめる作品です。

関連カテゴリー: