大阪に巨大温泉テーマパーク出現!「空庭温泉」の無限の楽しさ

話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、大阪に巨大な温泉テーマパークがオープンしたと聞き、温泉好き夫婦で偵察してきました!

 

■「空庭温泉」大阪府大阪市港区弁天1-2-3/料金:大人平日2,400円、土日祝2,600円、特定日2,800円(午前1~6時は+2,000~2,200円)。消費税・入浴税別

 

まず、大番所(フロント)で受付けを済ませると館内着が選べます。これがとてもカワイイ! サンドレスタイプ2種と巻きスカートタイプ1種で、着ると浴衣になるデザイン。これなら着崩れもしません。男性用もモダンな柄が3種もあります。

 

さっそく着替えてインスタ映えするカラフルなちょうちんの廊下を通ると、その先は安土桃山時代という趣向。殿様や侍、町娘たちが話しかけてきます。一緒に写真も撮れるし、追加料金で自分も仮装することが可能だそう。

 

お風呂は、地下1,000メートルから湧く弱アルカリ性の源泉かけ流し天然温泉はもとより、炭酸泉や乳白色の絹湯風呂など8~9種もあり、お肌がスベスベに。別料金の岩盤浴には「ロウリュウショー」があると聞き、入ってきました。

 

ロウリュウとは、熱した石にアロマ水をかけて水蒸気を出し、うちわであおいで発汗させるサービス。ムキムキの男たちが時代劇の格好で、セリフをしゃべりながら大きなうちわで熱風を送ります。もう熱いの何の。おかげで楽しみながら汗もストレスもドバーッと流れて、心身共にデトックス効果抜群。

 

お風呂の後は、大庭園の足湯でのんびり過ごすもよし、食い倒れ横町の日本酒を紹介する時代劇角打ちショーを見るもよし。一日中いても飽きない温泉なのでした。

関連カテゴリー: