大杉漣さん最後の主演は死刑囚と向き合う『教誨師』役
(C)2018「教誨師」members

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今週は早くもDVDになった、名優・大杉漣さんの最後の主演作映画『教誨師』をご紹介。

 

■『教誨師』DVD発売中。豪華版6,264円、通常版4,212円(ともに税込み)。販売元:ハピネット

 

受刑者に対して心の育成・救済に努め、改心できるよう導く牧師を教誨師と呼ぶそう。大杉さん扮する教誨師の佐伯は、月に2回拘置所を訪れ、6人の死刑囚と面会をします。

 

無口な死刑囚、陽気な死刑囚、屁理屈ばかりこねる死刑囚……と個性がバラバラな6人ですが、佐伯は真摯に向き合い、死を待つ彼らに語りかけて行きます。全編を通して膨大なセリフの会話劇のため、大杉さんは脚本を読んだときに「役者にケンカを売ってるのかと思った」と語ったそう。

 

舞台はほぼ教誨室で、派手な演出がないにもかかわらずどんどん引き込まれていってしまうのは、登場人物の熟練の技があってこそのことでしょう。

 

中盤からは佐伯の過去が明かされたり、死刑囚たちの心情に変化が出たきたりと、話は動きを見せていくのですが、最後まで人が人を裁くことの難しさが描かれ、未熟で悩める教誨師を大杉さんは実直に演じています。

 

バイプレーヤーとして幅広い役をこなしてきた大杉さんの最後の主演作を見て、まだまだ私たちの見たことがない大杉漣がいる、そんな気がしました。だからこそもっとその活躍が見たかった……。昨年の急逝からはや1年がたち、そのかなわぬ思いを強くしたのでした。