男性更年期を救った毎日のランニング!(JINSEIのスパイス!第30回)

【今週の悩めるマダム】

最近、更年期なのか何に対してもすぐにイライラしてしまいます。この前も主人から「今日は仕事で遅くなるから夕飯はいらない。ごめんね」と言われたことに激高してしまいました。冷静になれば自分がおかしかったとわかるのですが、その瞬間は怒りを抑えられません。自分でも戸惑っています。(富山県在住・50代主婦)

 

実は、僕も同じようにイライラする時期がありました。自分を抑えることができなくて苦しみました。とくにシングルファザーになった直後の、誰にもぶつけることのできないイライラは、今思い出すだけでも辛いです。奥様の場合、ご主人がいて、そのご主人に怒りをぶつけることができるのですから、独り身の僕からするとうらやましい話です。そして、そのイライラを受け止めてくれるご主人がそばにいるということにこそ大きな救いがあると思いますよ。

 

更年期障害に悩まされた友人がたくさんいますが、もしその疑いがあるのならば病院に行って対処してもらってください。ホルモンのバランスが原因であるなら、侮ってはいけません。そのイライラが別の原因、たとえば精神的な問題があるのであれば自分の心を整えることを試してみてください。それは運動だったり、瞑想だったり、誰かとのディスカッションだったり、方法はいろいろあると思います。僕は妻がいませんし、友達も多くないので、子育てをしながら、もういい年ですし、不安やイライラを抱えつつ、長いトンネルを1人でほふく前進するように生きてきました。

 

ある日、男性にも更年期障害があると聞いて症状を調べたら、なんと100%合致。これは何か生活習慣を変えなきゃ大変なことになるとようやく気がついたのです。いろいろと本を読んで、僕が辿り着いた方法は、毎日のランニングでした。子供を学校に送り出した後、僕は朝と夕方、家の周囲を数km程度走っています。これはものすごく大きな変化を僕にもたらしてくれました。心と身体って繋がっているので、身体だけ大事にしても元気にはなりません。イライラするのは心に邪気が溜まっているからだと僕は常々考えてきました。人が悪口をいえばその人の中で邪気が生産されているのだと思います。走るときは、息を吐き出すたびに身体の中に居座った邪気を追い出すように心がけています。

 

同時に肉体は走れば走るほどエネルギーを生産していきますので、走った後は本当に気分が爽快になりますよ。嫌なムードや悪いことというのは気の流れの淀みが原因ですから、それが繰り返されているのならば何らかの方法で断ち切らないとなりません。毎日、一度は走るようにすると、体内に変化がおきますよ。そもそもお金がかかりませんし(笑)。シングルファザーになって一番苦しかったとき、僕はランナーになりました。

 

奥様、イライラするなら走ってみてください。一緒にランナーになってこの苦しい現実から抜け出しましょう。ご主人も一緒に走れたら、なお素晴らしいですね。そうですよ、奥様には素敵なご主人がいるじゃないですか。一緒に走るべきです。二人三脚でこの過酷な時期を乗り越えてください。

 

【JINSEIの格言】

ある日、男性にも更年期障害があると聞いて症状を調べたら、なんと100%合致。悩んだすえ、毎日のランニングでかなり解消できました。ご主人と一緒にランニングを始めてみては?

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

関連カテゴリー:
関連タグ: