スポ根ドラマ『ダイブ!!』の遣都・池松・溝端の初々しさがすごい
(C)2008「DIVE!!」製作委員会

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今回は、東京五輪を来年に控え五輪ムードが高まりつつあるいま、飛び込み競技をテーマにした映画『ダイブ!!』をご紹介します。

 

■『ダイブ!!』Blu-ray発売中。価格/5,184円(税込み)。発売・販売/株式会社KADOKAWA

 

’08年公開ながら、多数の要望により11年の時を経てBlu-rayが発売された本作。五輪選考会に向け、飛び込み競技に懸ける10代の3人の青春スポ根モノです。

 

なんといっても見どころは、林遣都・池松壮亮・溝端淳平と、今や実力派俳優として人気の高い3人の10代のころが見られること。すでに活躍しつつも、当時は今後が期待される若手イケメンの位置にいた3人。現在の人気ぶりからこの作品を見てみると、11年前からすでにその才能の片りんを見せていることがわかります。

 

平凡で素直な中学生・知季を林遣都が、両親が飛び込み選手という天才でクールな高校生・要一を池松壮亮が、大胆な技を持つ大人っぽい高校生・飛沫を溝端淳平が、と3人それぞれが役柄を見事に体現しているのです。

 

そして撮影にあたって体脂肪率を1桁台まで絞ったという彼らの肉体美も特筆すべき点。飛び込み選手としてのリアリティを持たせている水着姿は必見。飛び込みも猛練習したそうで、スタントなしでダイブしているシーンもあります。

 

五輪という大舞台を目標に、挑んだ者だけが体験しうるかけがえのない時間。3人の俳優が瑞々しい演技でそれを見せてくれます。

関連カテゴリー: