結婚詐欺が再流行中? 離婚後の恋には要注意(JINSEIのスパイス!第52回)

【今週の悩めるマダム】
5年間別居している夫と離婚訴訟中で、まもなく離婚が成立します。そろそろ新しい出会いがほしいと思っていた矢先、SNSで素敵な男性と出会いました。彼はイケメンで、メールでもとても紳士的。でも、いつも何らかの理由で会えないんです。まだ一度も会ったことがないのに、なぜか彼にのめりこんでしまいます。(新潟県在住・40代女性)

 

個人的な見解ですが、離婚訴訟中であるならば離婚が成立するまでは大人しくSNSだけで繋がって、焦らずお友達でいいのではないでしょうか? もう少しの我慢なのに、いま行動を起こしていいことはありません。離婚が成立すれば、堂々と自由な恋愛をまた楽しめるわけですから。ただ、このイケメンくん、ちょっと気になることがあります。この手の話がここパリでも社会問題になっています。それもごく身近な出来事として、起こっているんです。

 

実は、フランスのママ友の1人が同じような出来事に巻き込まれました。50代のシルヴィは最近離婚が成立して、あなたと同じようにSNSで素敵な男性、ケビンと出会いました。ぼくもシルヴィに写真を見せられましたが、とってもイケメンでした。でも、これまた実際に会おうとすると何らかの理由をつけられて、なかなか会えなかったのです。それなのに、ケビンからは毎晩のように猛アタックのメッセージが届くのですっかりシルヴィはその気。僕も共通の友人のリサも、ちょっと嫌な予感がしていました。

 

そうこうしているうちに、ケビンからシルヴィに「緊急事態が起きたのでお金を貸してほしい」というメッセージが届きました。さすがにみんなで反対しました。そこで、リサがケビンの写真を“顔検索アプリ”にかけてみたのです。僕はこのアプリのことを知りませんでしたが、写真を入れると同一人物の顔写真がずらっと出てくるという驚くべきアプリです。僕も自分の顔で試してみましたが、フランスのアプリだからか、僕の写真は出てきませんでした。ところが、そのケビンと同じ顔の写真、というか、シルヴィに見せられたのとまったく同じ写真がずらっと出てきたのです。出てくるなんてものじゃありません。何十枚も同じ写真が出てきました。ただ、その写真をクリックすると名前が全部違っていました。ロマンだったり、ウィリアムだったり、ジャックだったり……。シルヴィはがっかりしましたが、大被害に遭わなくて済みました。この写真は結婚詐欺集団に悪用されていたのです。

 

これは一例に過ぎないので、あなたの彼氏候補の人物が同じような詐欺師かどうかはわかりません。顔検索アプリがあれば試してみる価値があるかもしれませんが、こればかりは何とも言えません。やはり、長い目でお付き合いをしたいと思うのであれば、その男性と一度お会いし、実在するかを確かめなければなりません。さらに、そこから少しずつお互いを知っていく必要があるでしょう。
大前提として、離婚がきちんと成立してから行動してください。人生は長いです。焦って無用のトラブルに巻き込まれるのはいけません。何が起こるかわからないのがこのご時世ですから、とにかく慎重に進まれることをおすすめいたします。

 

【JINSEIの格言】
このイケメンくん、少し嫌な予感がします。大前提として、離婚がきちんと成立してから行動してください。人生は長いです。焦って無用のトラブルに巻き込まれるのはいけません。

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

関連カテゴリー:
関連タグ: