蛭子能収のゆるゆる人生相談「定年退職後にゴロゴロしたいという夫にうんざり」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「夫があと1年で定年を迎えます。その後は、再就職せず、うちでゴロゴロしたいと言っています。今から、私の気持ちはどんよりしています。どうすればいいですか?」(おにぎりさん・52・パート・北海道)

 

【A】「夫婦で不満を持ち合うより、現状を楽しむ努力をしよう」(蛭子能収)

 

それまで自由に使っていた自分の空間に、いつも夫がいるようになったら気持ちは沈むんでしょうね。でも、どんよりした妻の前でゴロゴロする旦那も気の毒ですよ。

 

夫婦で不満を持ち合っているよりも、その状況をなるべく楽しんだほうがいいと思いますよ。オレの女房は、お菓子や「ガリガリ君」をむさぼっているオレを撮影して喜んでいます。あなたもゴロゴロしている夫の姿を動画で撮ってネットに出したらどうですか。いろんなゴロゴロが見られて、案外、面白がられるかもしれませんよ。

 

あとは共通の趣味を持つのもいいかも。知り合いの夫婦は、65歳になってから「車中泊」の旅を始めました。

 

オレたち夫婦も各地の神社仏閣を巡りますが、共通の趣味ではなく、単に女房が好きだから。オレは行きたくありませんが、それを言うと怒られるから黙っています。神様には「競艇で勝てますように」といつもお祈りしていますが、結果は連戦連敗。最近では、神社に行くときは、どんよりした気持ちになっています、てへっ!

関連カテゴリー: