再現度が高すぎる!フランス実写版「シティーハンター」
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS Copyright Axel Films Production

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今回は再現度が高すぎる、フランス実写版『シティーハンター』をご紹介します。

 

■『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』5月8日Blu-ray&DVD発売。価格:Blu-ray4,800円、DVD3,900円(ともに税別)。販売元:ハピネット・メディアマーケティング

 

去年2月、アニメ『シティーハンター』の新作が20年ぶりに劇場版で公開され、作品の大ファンだった記者はその内容に大満足し、冴羽僚(僚は、けものへん)が歩いた新宿を聖地巡礼したものでした。

 

その劇場版公開時から「フランスの実写版シティーハンターの再現度がすごい」とSNSで話題になっており、ポスターを見てみたら、あらびっくり! 確かに再現度が高い! そんなことを思っていたらまさかの日本公開。

 

そして待望のBlu-ray&DVDが発売されることになりました。

 

物語はいつものように、僚と香に仕事が持ち込まれるところから始まります。今回のミッションは嗅いだ者をとりこにする「キューピッドの香水」の奪回で、タイムリミットは48時間。

 

この2日間のてんやわんやが描かれるのですが、僚から海坊主から香から槇村から(なんなら悪役も)、登場してくるキャストがアニメと恐いくらい似ていて思わず笑いがこみあげてきます。

 

細部も実写だというのにアニメに忠実で、香の怒りのハンマー、あきれたときのカラスの登場など驚きの演出です。原作者の北条司氏も「『シティーハンター』への理解が深い」と絶賛したそう。

 

とにかくシティーハンター愛がさく裂していて、記者はその愛情に感動しました。エンディングはもちろん『Get Wild』。最初から最後まで期待を裏切らない傑作をどうぞご覧あれ!

関連カテゴリー: