【ポップな心霊論】「幽霊にも感情はあると思います」
(イラスト:マユボンヌ) 画像を見る

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【幽霊にも感情はあると思います】

 

最近、ホラー系の作品が人気ですよね。『女性自身』で、主演の亀梨和也さんと対談させていただいた映画『事故物件 恐い間取り』も大ヒットしましたし、『鬼滅の刃』『呪術廻戦』といったホラーなテーマのマンガも大人気です。

 

僕が思うに、ホラー作品が多くの人に受け入れられるようになったのは、霊的なものの描き方が、ただ単に「怖い」だけじゃなくなってきたからかなと。生前の壮絶な過去や、抱えている悲しい思いを描くと、鬼や呪いも身近な存在になるんじゃないでしょうか。

 

これは、知り合いのホラー監督さんに聞いた話ですが、幽霊役の人が感情をこめた演技をすると、とたんに怖くなくなるらしいんです。たしかに、幽霊を見慣れている僕でも、よくわからないけど嫌な感じがする霊は怖いですし、なんとなく人となりが想像できる霊は、あんまり怖くありません。

 

ちなみに僕は、幽霊にも感情はあると思います。笑ったり怒ったり、いろんな表情をしているので。生きている人の挙動に反応するわけじゃないですけどね。ただ、1度だけ、先輩芸人の一発ギャグに幽霊が笑った瞬間を見たことがあります。まあ、生きている人にはスベってましたけど(笑)。

 

【PROFILE】

シークエンスはやとも

1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。8月4日には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

 

【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2021年1月5日・12日合併号 掲載

関連カテゴリー: