年末の帰省時、立ち寄る人も多いであろう道の駅。“いったん停車の駅”ではなく、これでもかというほど地元グルメが並び、多彩なアミューズメントでお客の心をつかんでいる、スゴすぎる道の駅をご紹介!

 

群馬県の名峰・武尊山(ほたかやま)の麓に広がる川場村は、豊かな自然と清らかな水に恵まれた地。「駅の道 川場田園プラザ」は、そんな川場村の“おいしさ”を集めた全国的にも有名な道の駅だ。

 

東京ドームよりも広い6.3ヘクタールの敷地にファーマーズマーケット、ソーセージや乳製品、ビールなどの工房、レストラン、カフェ、体験教室などが点在。家族で一日中遊んで、食べて、ゆっくりくつろぐことができるようになっている。

 

「川場田園プラザ」一番人気のグルメは、地元産の牛乳を使い、敷地内にあるミルク工房で毎日作られる「のむヨーグルト」(150ml・125円〜)。その他にも、開店開始からいきなり行列の「山賊焼」(500円)や「食事処あかくら」の幅広の平打ち麺を具だくさんの汁で煮込んだ群馬名物「おきりこみ」(800円)、「そば処虚空蔵」の上質な地粉を使った手打ちそばなど、群馬ならではのグルメが目白押しだ。

 

また、体験教室では、プロの陶芸家が教える初心者のための陶芸教室を開催(木曜休)。近隣の「ホテルSL」には、昭和15年に製造されたD51があり、乗車体験もできる(4〜11月)。

 

「地元のものを地元で加工し、地元で売るのがこの駅のコンセプト。大量生産とはまた違う、川場ならではの美味を味わいに来てください」(駅長・小海一則さん)

 

【道の駅 川場田園プラザ】群馬県利根郡川場村大字萩室385。関越道・沼田ICから約10分。無休(1月6・7日臨時休業)。駐車場1,400台。ファーマーズマーケット9時〜18時(その他は施設・店舗により異なる)。

関連タグ: