image

日本全国の現役で活躍する“最高齢”女性たち。どうしたら、彼女たちのように毎日を元気に過ごすことができるのか?彼女たちの“長生きのヒント”を探った!

 

「ふみちゃん」の愛称で親しまれている田尻冨美子さん(83)。彼女は「現役国内最高齢女子アナ」として、熊本県天草市のインターネット放送局「天草テレビ」(金子寛昭代表)で活躍中。

 

天草テレビ代表の金子さんが、ふみちゃんと出会ったのは’13年3月。地区の祭りで「明るくハキハキしていて、女子アナにぴったりのおばあさんがいる」と紹介され、スカウトした。

 

その後、’13年6月に始まった天草弁の達人を認定する番組『天草マイスター』(月1回放送)でデビュー。同番組はこの9月で19回目を迎えるが、いまやふみちゃんは番組の人気看板アナだ。

 

「最初のころはドキドキしよったですたい。あれするこれするといわすばってん、どげんしてよかわからんですしなあ。ばってん、このごろは慣れて、いろいろな方ば紹介していただくもんですけん、私も友達もたくさんでくるし、知識も入ってくるしですね。勉強になっとらすですよ。認知症の予防ですたい。アッハッハア(笑)」

 

そんな健康体のふみちゃんに日々、気をつけていることを尋ねてみた。

 

「戦争中、唐芋と麦飯で育っとるけんか、根は達者ですたい。いまも毎日家では3食とも麦ご飯。(昔から)粗食やったから、何でもおいしかと食べっとですたい。ごちそうを食べんけん、元気よかですたい(笑)。それと、みんなん中で交わって話をしたり、笑うたりするのがよかと思うとります」

 

粗食であること、いろいろな人と会ってコミュニケーションをとり、毎日動き回っていることが長寿の秘訣のようだ。

関連タグ: