image

ねこまんが界の巨匠・そにしけんじ氏の単行本が2月10日、3冊同時に発売! それを記念して現在、出版社の垣根を越えた異例のコラボイベントが行われている。題して「そにけん猫まつり」。3冊を同時に購入すると、オリジナルトートバッグプレゼントの応募券をゲットできるのだ。

 

対象の3冊は、まず読売新聞日曜版で連載中の『猫ピッチャー(4)』。プロ野球史上初のねこ投手・ミー太郎の、かわいい活躍を描く。そしてウェブサイト「COMIC リュエル」での連載をまとめた『ねこねこ日本史(2)』。「もしも偉人がねこだったら」がテーマで、4月からNHK Eテレにてアニメ放送開始が決まっている。最後に『ねこ戦』はウェブサイト「Comic Walker」の連載をまとめたもので、三国志の世界を丸ごとねこの世界にチェンジ!

 

そにし氏は「『猫ピッチャー』は本格野球まんがのつもりですが、そこにリアルなねこを入れるとどんなおかしなことになるか想像して笑いながら描いています。『ねこねこ日本史』は歴史上の人物がすべてねこだったら大変なことになるなと。『ねこ戦』は壮大な三国志の世界をねこのなわばり争いに置き換え、ねこたちの流儀で戦う一大スペクタクルのつもりです」と語る。厳しい男の世界も、氏の手にかかれば楽しい読み物に!

 

「ねこは大好きなので、描いているといつも癒されます」とそにし氏。読む側にも、愛情が伝わってくる3冊です!