image

厚生労働省によると、結婚して20年以上の夫婦が離婚する「熟年離婚」は、’14年に約3万6,800件と、25年前の7割増になった。「熟年離婚」と言えば、夫の定年を待って妻が三くだり半を突きつけるケースが多かったが、近年、「夫から三くだり半を突きつけられる」ケースが増えてきた。

 

離婚カウンセラーの岡野あつこさんによると、10年ほど前までは男性から離婚を求めるケースは2割だったが、現在は4割に増えているという。

 

「私のところにも、4〜5年前ぐらいから、『夫から離婚を切り出された』という女性たちが相談に来るようになりました。浮気をしている夫が妻と別れてほかの女性と暮らしたい、という理由はこれまでもありましたが、最近は、妻の生活態度が嫌だからと、離婚を迫る夫が多くなってきました」(岡野さん・以下同)

 

しかも、妻が知らないうちに、財産を分けるなど周到に離婚の準備をする夫もいるそう。

 

「ある奥さんは夫から、『家事もろくにしないで、専業主婦という立場にあぐらをかいている』と言われたそうです。家の中は散らかり放題で掃除が行く届いていない、食事はスーパーのお総菜ばかり、手を抜いていることが許せないと。奥さんは自分がいなければ、夫は身のまわりのことは何もできないとタカをくくっていましたが、今は家事支援サービスもあるので家事に困ることはない。定年後2人きりになるのは耐えられない。年金を分割してもいいから、別れたいと夫は思っていたのです」

 

三くだり半を突きつけられるのはある日突然なのだが、“アラーム”は日常生活の中で鳴っている。それを察知して、態度をあらためれば離婚を回避できると岡野さんはいう。そこで、「夫から切り出す熟年離婚」要注意な危険シグナル8を岡野さんが教えてくれた。

 

【1】外食が続き、食事を家で食べなくなる

【2】妻に文句を言っていたのが口をきかなくなる

【3】家計の管理をし始めて、妻には生活費を渡す

【4】急に生活費をカットする

【5】退職金の額を教えてくれない

【6】一緒に外出する機会がめっきり減る

【7】ブランドものの洋服やアイテムでおしゃれをする

【8】休日も身なりを整えてひとりで出かけてしまう

 

三くだり半を突きつけられた妻たちに共通することは「夫への愛情がない」ことで、それが夫に伝わると、取り返しのつかないことに。

 

「突然かもしれませんが、夫は離婚を決めるまでに、いろんな不満のアラームを鳴らしています。それを見逃さないで。言い方や態度を少し変えるだけでも、効果はあります」

 

まずは、やさしく接することから。「いつもありがとう」から言ってみよう。

関連タグ: