image

「実は、男性から相談を受ける内容で加齢臭と併せて多いのが“耳毛”に関する悩みなんです。’14年に永久脱毛したい部位を男性にアンケートしたところ、1位が肛門の毛、次に鼻毛、ヒゲ、耳毛、腹毛、そしてアンダーヘアと続きました。自分のムダ毛が気になる男性は、全体の7割以上にもなります」

 

そう語るのは、薄毛治療やスキンケア治療など男性向けの総合メンズ美容を行う「ゴリラクリニック」総院長の稲見文彦さん。稲見総院長は、女性だけでなく男性にも美容意識の高まりが確実に広がっていると言う。

 

また、美容意識重視の脱毛だけでなく、“大きく見せたい”“SEXが気持ちいいから”などの理由からアンダーヘアをツルツルにする男性も増加中だという。見えないところにも気を使う男性の心理を教えてくれたのは、アンダーヘアとヒゲを永久脱毛中のお笑いトリオ・ジャングルポケットのおたけ(33)だ。

 

「日本でアンダーヘア脱毛はまれですが、欧米なら一般的ですからね。僕は最先端をいく男。アンダーヘアケアも最先端です!」

 

2回のアンダーヘア脱毛で「ちょびヒゲのように」一部を残し、ツルツルにしているそう。その姿を見た女性の反応は?

 

「笑われました。毛がないと子供みたいだからか、ウケるんですね(笑)。でも、後輩とサウナに行ったときに、『欧米では普通なんだよ』と開き直っていたら、ちょうどそこに3人組の白人が入って来て、見事に全員ツルツルだったんです。『本当ですね!しかもおたけさんのほうがキレイじゃないですか』ってやたらと褒めてくれて。自信がつきました」

 

手足の毛は薄く目立たないおたけだが、ヒゲとアンダーヘアの濃さが長年のコンプレックスだったと話す。

 

「アンダーヘア脱毛はネタではなく、劣等感の解消のため。毛がない分、アレが大きく見えるというのも後から知りましたからね。僕らの世代は、ワイルドさを出したいとか大人っぽくしたいと、ヒゲを生やすことがオシャレでした。でも今は、中性的で優しい男が人気。僕も目指しますよ!」

 

ゴリラクリニックが20〜30代男性に行った調査によると、アンダーヘアに何らかのケアをする男性は4割以上だとか。前出の稲見総院長は次のように説明する。

 

「3年前は約2割でしたから意識の変化は顕著です。欧米型のエチケット文化の浸透とパートナーからの勧め、そして臭いの軽減やトイレの清潔感など日常の利便性から、男性のアンダーヘアケア需要が増えているのではないでしょうか。女性の脱毛が当たり前となった時代、男性に対しても“ムダ毛の処理は最低限のエチケット”と捉える方が増えているのでしょう」

 

気がつけば、あなたのまわりにも“ツルツル男子”が!