image

 

「色、形、素材、仕様など、風水的に完璧な金運を呼び込む財布。黄色やもっと光沢のあるゴールドだと、お金が回りすぎて出ていく分も大きくなるんですが、小池都知事の財布は、光沢がほどよい落ち着いたゴールドなので、安定した富を手に入れられ、蓄財もできます」(風水ライター)

 

モノを大切にする心とお金を大切にする心を学ぶイベント「MOTTAINAIキッズタウンTOKYO」を視察した小池百合子東京都知事(64)。小学生たちだけで行ったフリーマーケットでは、おもちゃを3個購入したが、そのときに広げた自身のお財布は、風水ライターも感心するものだった。風水で見る小池都知事の財布“5つのポイント”を解説。

 

【1】色はゴールド

ご存じ、金運をあげたいならゴールドや黄色を。

 

【2】二つ折りではなく長財布

お札は折るとパワーダウン。折らないように長財布を。

 

【3】キラキラしたエナメル加工

光っているのがよいので、革の表面を磨くのも◎。

 

【4】チャームがついている

チャームは金運アップをもたらす。鈴や天然石をつけるとよりよい。

 

【5】開け口はファスナー

しっかり閉じるファスナーは、浪費を抑える。

 

「財布の内側はベージュで手堅い色なので、仕事運や人気運も盤石に。知事にふさわしいお財布ですね」(前出の風水ライター)

 

春は、財布が“張る”からと、買い替えにいい時期といわれている。小池都知事の風水テクを見習って、お財布を選んでみては?

関連タグ: